アップルからiOS 13.1ベータを配布、安定版リリースは間近

次の記事

自律運転車の寿命はわずか4年というフォードの目算の真実

Apple(アップル)は6月のiOS 13プレビュー版の発表以後、最初のアップデートを行った。米国時間8月27日、iOSとiPadOSのデベロッパー向けベータである 13.1がそれぞれリリースされた。

この動きは実は少々意外だった。通常Appleはメジャーアップデート(13.0)を行う前にマイナーアップデート(.1)をリリースすることはしないからだ。 さらにAppleは今回watchOS 6.0、tvOS 13.0のベータを同時にリリースした。

さっきAppleが投稿したのが最初のiOS 13.1ベータなのかな?

そこで考えられるのはiOS 13.0はすでに十分な完成度となっているということだ。 AppleはiOSの新しいメジャーバージョンをリリースして数日後に大がかりなプレスイベントで新しいiPhoneを発表してきた。今年の場合、このプレスイベントは9月上旬に実施されるはずだ。iOS 13.0のリリースは予想より早まるかもしれない。

Appleは初期のiOS 13でいくつかマイナーな機能を落としていた。MacRumorsが発見したところによれば、プレビューで落とされた機能の多くがiOS 13.1ベータに追加されているという。これにはショートカットオートメーションやAppleマップの到着時間推定機能などが含まれる。

つまりAppleでは13.0をできるかぎり安定したプロダクトとしたいと考えているのだろう。そのためにはいくつかの機能は少し後回しになってもいいということらしい。

WWDCでAppleが「これこれがiOS 13にやってくる!」と発表したのは、 「13」にやって来るということで「13.0」に全部がやって来ることを意味しない。これは覚えておく必要がある。

正直言って、どんな新機能が搭載されるのかいち早く知るのは好きだが、販売戦略の上から生煮えの新機能を使わせられるのはゴメンだ。

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook