オンライン学習サービスのDuolingoがラテン語講座を提供するワケ

次の記事

レゴが音声と点字による組み立てマニュアルをテスト

Duolingoは、言語を学びたい人に向けた市場で最も人気のあるアプリの1つだ。そして今、同サービスはラテン語のコースを提供することで、ユーザーに本当の意味で 「その日を大切にする」(ラテン語でCarpe diem)方法を提供している。

Duolingoがなぜ8世紀以来あまり使われていない言語のレッスンを提供しているのか、疑問に思う人もいるだろう。ラテン語はさまざまなロマンス言語のバックボーンであり、英語を含む多くの言語の多くの単語の語源となっている。

つまり、ラテン語を勉強することで、他の言語の基盤を学ぶことができるのだ。

さらに、ヴェルギリウスの 「アエネイド」 やオヴィッドの 「メタモルフォーゼ」 、マルクス・アウレリウスの 「瞑想」 のような作品を、ラテン語の原文で読みたいと考える歴史家、言語学者、教授は多い。


Duolingoはミニゲームにより、ユーザーが言語を学習する手助けをする。ミニコースはコースを修了したユーザーに報酬を与え、ユーザーがミスをした場合には(ビデオゲームのように)ライフを奪う。同社はユーザーがコースを修了すると、その言語を読み、書き、話し、理解できるようになることを期待している。

さらにDuolingoには、人々が実際にどのようにして言語を学んでいるのかに関するデータが豊富にあり、機械学習を利用してそのデータに基づいてサービスを改良している。

Crunchbaseによると、Duolingoは2011年のローンチ以来、5ラウンドで1億ドル(約11億円)以上を調達している。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter