TCLはTempowのマルチデバイスBluetoothストリーミング技術を採用

次の記事

折り畳みスマホGalaxy Foldは韓国で9月6日発売、米国などは数週間後

中国のスマートフォンメーカーであるTCL(TCL集団股份有限公司)は米国時間9月5日の朝、先進のBluetoothストリーミングプロトコルを同社のフラッグシップスマートフォンのPlexで利用するため、フランス企業のTempow(テンポ)との提携を発表した。

TCLはMotorola(モトローラ)に続き、Tempow Audio Profile(TAP)技術を採用する。このプロトコルは、ソフトウェアベースで複数のBluetoothヘッドフォンやスピーカーに同時ストリーミングできる技術だ。Tempowが過去のドイツで開催される家電見本市であるIFAにて披露していた。

同社は大いに注目を集めており、2018年3月に400万ドル(約4億3000万円)の資金調達ラウンドを実施した。TechCrunchのRomain Dillet(ロマン・ディレット)が記事で指摘しているように、Moto X4をはじめとした500万台以上のデバイスがTempowの技術を利用している。

TCLとTempowは誰を標的に見立てているのかを隠していない。プレスリリースではApple(アップル)が何度か言及されており、同社のスマートフォンとヘッドフォンやスピーカーの接続機能を明確にターゲットにしている。次期iPhoneの1週間前にこのニュースが発表されたことも、意図したものだろう。

TempowでCEOを務めるVincent Nallatamby(ヴィンセント・ナラタンビー)氏はリリースの中で、「Bluetoothの本当の可能性を革新し、開放する大きな動きがモバイルメーカーの間で起きている。最近の例は、iOS 13で噂されているAppleのオーディオ共有機能だ」と述べている。「Tempowの協力によるTCLのスマートフォンの機能は、2つのデバイスやAirPods、Beats製品に限定されるAppleの共有機能を大きく超えている」。

Plexは6.53インチサイズのミッドレンジ向けスマートフォンで、ヨーロッパの一部とオーストラリアで発売される予定だ。また、Tempowの技術が来年にはAndroid端末メーカー間でさらに広く採用されても驚きはない。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹Twitter