ツクルバの社外取締役にLayerX代表福島氏、アトラエCFO鈴木氏が就任へ

次の記事

神戸大学発スタートアップIGSが無痛で被爆しないマイクロ波マンモグラフィーを開発

リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」などを展開するツクルバは9月13日、同日開催の取締役会においてグノシー創業者で現LayerX代表取締役社長の福島良典氏、アトラエ取締役CFOの鈴木秀和氏を新任の社外取締役候補者として内定したことを明らかにした。

本件は10月25日に開催する第8回定時株主総会における承認を経て、正式に決定される予定だという。

2011年設立のツクルバはcowcamoやコワーキングスペース「co-ba(コーバ)」など“場の発明・デザイン”に関する事業を複数展開するスタートアップ。今年7月31日には東証マザーズに新規上場を果たしたばかりだ。

今回新たに取締役を追加する背景について同社代表取締役CEOの村上浩輝氏に確認したところ、未上場時から多様な経験を持つメンバーに役員として参画してもらってきた中で、7月に上場企業になり、より数多くの株主に応援してもらう立場になったため「(主にコーポレートファイナンス、IR、技術活用の面で)新たに上場企業の経営という経験を持ち成長のための攻めのガバナンスを効かせてくれる方を探していた」という。

以前から福島氏は同社のエンジェル投資家として、鈴木氏は大和証券在籍時にツクルバの主担当として関わりがあったが、改めてこの2人を選任した理由について聞くと以下の回答が得られた。

「福島氏は東京大学大学院在籍時の専攻はコンピュータサイエンスおよび機械学習。在籍中に未踏のスーパークリエータ認定されたエンジニアであり、自ら在学中に起業した会社を20代で上場させ上場企業の経営も4年やっている。テクノロジーを用いた事業展開をする我々にとって必要な知見を持っていると考えている」

「鈴木氏は大和証券公開引受部に所属し、アトラエ、ラクスル、メルカリなどのIPOディールを主担当として成功させてきた実績を持ち、現在はアトラエの取締役CFOとして上場企業の経営を行っている。鈴木氏の大和証券在籍時にはツクルバの主担当を務めてもらっていた。IPO時のエクイティストーリーと上場後の財務戦略、IRが長きにわたって一貫していることが非常に重要だと考えており、我々にとって必要な知見を持っていると考えている」(村上氏)

また本件については福島氏からもコメントを得られたので、合わせて紹介する。

「ツクルバさんは、不動産領域において社会的に非常に重要な事業をやっており、その経営に携われるということに魅力を感じました。また私が現在経営しているLayerXは不動産証券化の事業をやっており、経営に携わることで得られる知見があるだろうという思いもあります。現在不動産領域はグローバルではPropTechと呼ばれ非常に投資が集まってる領域であります。日本の不動産領域にもテクノロジーが侵食していくことは確実でありその過程に携わりたいと思っています」(福島氏)