NetflixがSeinfeldのストリーミング権を取得、2021年放映開始

次の記事

YouTubeがユーザーのコメント履歴を見せるプロフィールカードをテスト中

ストリーミング業界の競争は激しさを増し、Netflixは加入者減に直面している。その苦境を救うことになるかもしれないコンテンツをNetflixは獲得した。同社は、人気のコメディドラマ「Seinfeld」(邦題は「となりのサインフェルド」)のグローバルストリーミング権を取得した、と発表した。エミー賞を受賞した全180エピソードのこのドラマは2021年からNetflixで提供される。

このSeinfeld投入のタイミングはNetflixにとって重要だ。というのも、Seinfeldは、Netflixで最も視聴されているコンテンツの1つ「The Office」の再放送が終わる年に投入される。その前の2020年には、これまた米国を代表するシチュエーションコメディ「Friends」の放映が終了する。

こうしたコンテンツはいまだに人気があり、放映当時にまだ幼なかった人たちを引きつけることができるため、オリジナルの放映年代にもかかわらず、放映権はいまだにかなり高額だ。

それにも増して、こうしたコンテンツの再放送は多く人が視聴しているという事実がある。Netflixはオリジナルコンテンツに数十億ドルもつぎ込み、プラットフォーム上で大々的に宣伝しているにもかかわらず、Netflixで現在最も視聴されている番組は「The Office」であることがニールセンの調査でわかった。

オリジナルコンテンツは最近人気がなく、Netflixは少なくともいくつかの昔のコンテンツにしがみついていなければならない状況だ。直近の四半期で、Netflixの米国における会員数は2011年以来初めて減少した。同社は減少の要因として、まだスタートしていないがDisney+や Apple TV+、HBO Maxなどとの競争の激化ではなく、値上げと、コンテンツが視聴者をひきつけられるほど魅力がなかったことを挙げた。

その一方でNetflixは「The Office」の放映権を売りに出し、それをNBCUが5億ドル(約540億円)で買い取った。「The Office」は2021年にNetflixでの放映が終わるとNBCUで放映される。Netflixはまた、「Friends」も WarnerMedia(ワーナー・メディア)に売った。ワーナー・メディアはこれを4億2500万ドル(約460億円)で買い、新サービスHBO Maxで2020年から5年間にわたって放映する。

Sony Pictures Televisionからストリーミング権を買ったSeinfeldは、世界に1億5000万人いるとされる会員に配信されることから、購入額は上記のディールと同程度か、それを少し上回るかもしれない(Netflixは詳細を明らかにしていない)。

「Seinfeldは、すべてのテレビコメディが比較の対象とするコメディだ。新鮮さや面白さは色あせることなく、今回初めて4Kで放映される」とNetflixのコンテンツ責任者Ted Sarandos(テッド・サランドス)氏は発表文で語った。「Jerry、Elaine、George、そしてKramerをNetflixから世界に向けて紹介するのが楽しみだ」(4人はSeinfeldの登場人物)。

しかし、Netflixが最近力を入れているのは昔のシチュエーションコメディだけではない。

同社は今年、Disney+のサービス開始を前に、「Iron Fist」(アイアン・フィスト)、「Luke Cage」(ルーク・ケイジ)、「Daredevil」(デアデビル)の放映をキャンセルしたのち、「Jessica Jones」(ジェシカ・ジョーンズ)と「The Punisher」(パニッシャー)もキャンセルし、Marvel(マーベル)ものを卒業した。Netflixはまた、「The OA」、「Tuca & Bertie」(トゥカ&バーティー)、「Designated Survivor」(サバイバー:宿命の大統領)、「She’s Gotta Have It」(シーズ・ガッタ・ハヴ・イット)、そして「One Day at a Time」(ワンデイ -家族のうた-)のリメイクを含む、人気のなかった多くのコンテンツをキャンセルした。

Sony Pictures Televisionとの今回の売買により、Seinfeldを初めてNetflixで流すことになるが、これは「Comedians in Cars」(サインフェルド:ヴィンテージカーでコーヒーを)、「Jerry Before Seinfeld」(ジェリー・ビフォー・サインフェルド)などのコメディ放映に続く動きだ。

「Seinfeldはある意味アイコン的存在でカルチャーを代表する番組。初めて放映されてから30年たったが、まだ人気は健在だ」とSony Pictures Televisionの会長Mike Hopkins(マイク・ホプキンス)氏は声明文で述べた。「この愛されているシリーズを世界中のファン、そして新たな視聴者にNetflixとともに届けるのを楽しみにしている」。

画像クレジット: Andrew Eccles/NBC/NBCU Photo Bank / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)