メルペイが11月にふるさと納税対応、将来的には自治体への寄付や公共料金支払いも可能に

次の記事

メルペイ、LINE Pay、d払い、au PAYが大連携、共通QRコードで加盟店決済が可能に

メルペイは9月18日、トラストバンク運営の「ふるさとチョイス」を通じたふるさと納税の決済手段に、メルペイが対応予定であることを発表した。11月から利用できる見込みだ。

メルペイ残高で、応援したい自治体に寄付を送ることができる。金融口座からのチャージはもちろん、不用品をメルカリで売却して得たメルペイ残高も利用可能だ。

対応時期は未定ながら、ふるさと納税とは別にメルペイ残高を自治体に寄付できる機能のほか、公共料金の支払いにも対応する予定だ。