オンラインショップサービスのBASEが東証マザーズ上場へ、上場日は10月25日

次の記事

任天堂Switch Liteはポータブルゲーム機の極み

手軽にオンラインショップを開設できるサービス「BASE」を運営するBASEが、東証マザーズに上場することが9月20日に明らかになった。上場日は10月25日。発行株式(普通株式)は40万5000株、発行価額は総額5億6112万7500円、資本組入額は総額3億3007万5000円、主幹事証券会社は大和証券となる。株式購入の申込期間は10月18日〜23日。

BASEは2019年8月にショップ開設数が80万店を突破したことを発表していた。2018年12月期(第6期)の売上高は23億5240万6000円、経常損失は7億9893万円。純資産額は17億3746万3000円、総資産額69億5140万6000円。

詳細は追記する。