Aptivとヒュンダイ、自動運転注力のジョイントベンチャーを設立

次の記事

飲食店の仕入れコストを減らすクロスマートが1.2億円調達、リリース半年弱で250店舗が導入

自動車メーカーの現代自動車は、自動走行技術のAptiv(アプティブ)と、株式の50%ずつを分担する新たなジョイントベンチャーを設立する。新会社の目標は、2022年までに自動運転タクシーや運送業者、さらには自動車メーカーに向けた、商用化を目指したレベル4とレベル5の量産可能な自動運転システムを開発することである。

Aptivと現代自動車によると、ジョイントベンチャーへの投資額は総額40億ドル(約4300億円、エンジニアリングサービス、研究開発、知的財産の価値を含む)となり、2022年の商用化に向けて、完全自動運転のテストを2020年に開始する予定だ。

Aptiv(もともとは世界的な自動車産業のサプライヤーであるDelphiの一部)は、長年開発してきた自動運転技術 と、AV技術を担当する700人の従業員を提供する。現代自動車グループは子会社を含む合計16億ドル(約1700億円)の現金、自動車エンジニアリング、研究開発、知的財産へのアクセスを提供する。

新ジョイントベンチャーの指揮を執るのはAptivのAutonomous Mobility Groupで社長を務めるKarl Iagnemma(カール・イアグンマ)氏で、本社をボストンに設置し、米国とアジアの複数地域にある技術センターの支援を受ける。

両社は何年も前からすでに自動走行自動車の技術を実証しており、Aptivは2018年のCESでその機能を公開して以来、Lyftと共同でラスベガスにて公開テストをおこなっている。同地でのテストでは、BMW 5シリーズの車両を使用している。

このジョイントベンチャーは、世界的な自動車メーカーが技術を商業化するのに役立つ一方、現代自動車はこれらのソリューションの開発に長年投資してきたパートナーと、自動運転におけるビジネスを強化することで利益を得るだろう。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter