オプラ・ウィンフリー

Apple TV+にオプラ・ウィンフリーのブッククラブが登場

次の記事

延期されていたJAXAのこうのとり8号機打ち上げがライブ配信

Apple(アップル)とオプラ・ウィンフリーは、ストリーミングサービスのApple TV+で、Oprah’s Book Club(オプラズ・ブッククラブ)を提供する。この新しいシリーズでオプラは、ブッククラブ向けに選んだ本の著者をインタビューする。初回のゲストは「The Water Dancer」を書いたTa-Nehisi Coates(タナハシ・コーツ)氏。新しい回は隔月に放送されるので、視聴者は取り上げられた本を読む時間を与えられる。

番組は11月1日のApple TV+のスタートに合わせてデビューを飾る予定で、昨年発表されたアップルとオプラの大型複数年提携契約の一環だ。オプラはブッククラブ以外にもアップルのためにドキュメンタリーを2本制作中だ。職場のセクシャルハラスメントをテーマにした「Toxic Labor」と英国ヘンリー王子と提携したメンタルヘルスに焦点を当てた作品。

これらのドキュメンタリーは注目に値する重要な話題を扱っているが、オプラズ・ブッククラブは、金銭面で両者にとって有益だろう。アップルはブッククラブのセレクションをApple Booksアプリで宣伝しており、例えば「The Water Dancer」の電子書籍やオーディオブックは今から予約できる。番組がこの本を含めさまざまな作品に注意を向けさせることで、書籍の売上げ増が期待できる。

Apple iphone11pro max midnight green oprahs book club screen 092319

アップルは米国図書館協会に寄付をして、地域図書館や他のプログラムの支援に役立てる計画であることも語った。

古い読者なら覚えているかもしれないが、オプラズ・ブッククラブはもともと「The Oprah Winfrey Show」の1コーナーとして始まった。15年続いたあと、2012年にThe Oprah Winfrey Network(OWN)とThe Oprah Magazine(O)のジョイントプロジェクトとして再スタートした。しかし、選ばれた作品はごくわずかだった。Apple TV+のスタートとともに、ブッククラブは正常状態に戻りそうだ。

「オプラのように人々をひとつにできる人は世界にも数少ない。本を愛し本の力を称える彼女の思いやりと品格は他に類を見ない」とアップルCEOであるTim Cook(ティム・クック)氏が声明で語った。「オプラズ・ブッククラブは新しいプラットホームを提供し、米国図書館協会を支援して読書を楽しむ心を育てることができるて大変光栄に思う」。

「今の私があるのは年少のころに読書を習った体験による。読書はミシシッピーの赤土の道路と祖母のポーチの向こう側の世界を開いてくれた」とオプラ・ウィンフリーがプレスリリースて語っている。「私はすべての人たちのためにそれをやりたい。そしてアップルとともに行えること、本が与えてくれる喜びと興奮と緊張感とドラマを世界中の人たちに伝えられること。これ以上素晴らしいことは知らない」。

Apple iphone11pro max midnight green the water dancer screen 092319

米国時間9月23日、アップルはオプラズ・ブッククラブの発表に加えて、近日公開されるApple TV+の番組、オクタビア・スペンサー主演のドラマ「Truth Be Told」、M・ナイト・シャマラン監督のサイコスリラー「Servant」などを昨夜のエミー賞授賞式の視聴者に初披露した。先週に子供向け番組の「Ghostwriter」「Helpsters」を披露していた。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook