ソフトウェア
Apple / アップル(企業)

アップルがサードパーティー製キーボードがフルアクセスを得るバグについて警告

次の記事

アドビのドロー&ペイントアプリのFrescoがiPad向けにローンチ

Apple(アップル)はサードパーティー製のキーボードに関する iOS のバグについて、ユーザーに警告している。

アップルが米国時間9月24日に公開した短い文書では、このバグはフルアクセスの許可を要求できるサードパーティ製キーボードに影響すると明かした。

サードパーティ製キーボードはスタンドアロンで動作することも、あるいはフルアクセスにより他のアプリケーションと通信したり、スペルチェックなどの追加機能のためにインターネットにアクセスしたりすることもできる。一方で、フルアクセスでは開発者がキーストロークやユーザーが入力した電子メール、メッセージ、パスワードなどのデータを自分のサーバーに取り込むこともできる。

そして今回のバグにより、たとえ承認されていなくてもサードパーティ製キーボードがフルアクセスを取得する可能性がある。

アップルはこの問題について、これ以上は明かしていない。また、スポークスパーソンは追加のコメントを控えている。なお警告によると、このバグはiOSの内蔵キーボードには影響しないという。このバグは、今後のソフトウェアアップデートで修正される予定だ。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter