大分フットボールクラブ
エスパルス
Origami Network

Origami Payがコード決済機能を加盟社に無償オープン化、独自Pay開発が容易に

次の記事

ユーチューバーのCaspar Leeがインフルエンサーマーケティングのプラットホーム立ち上げ

コード決済サービスを運営しているOrigamiは9月27日、自社イベント「Origami Conference 2019」を開催し、金融プラットフォーム「Origami Network」を発表した。

Origamiで代表取締役社長を務める康井義貴氏

すかいらーくや吉野家、第一生命、マネーフォワードなど14社をパートナーとして、加盟店ネットワークや決済機能の提供、決済データの還元を行う。今後は、企業独自のポイントを利用できる機能や顧客管理(CRM)機能もオープン化する。14社のパートナーは以下のとおり。

  • エスパルス
  • 大分フットボールクラブ
  • 大垣共立銀行
  • カフェ・カンパニー
  • すかいらーくホールディングス
  • 第一生命
  • 東京証券取引所
  • 公益財団法人・浜松・浜名湖ツーリズムビューロー
  • Peach Aviation
  • FiNC Technologies
  • フジテレビジョン
  • ペイミー
  • マネーフォワード
  • 吉野家

具体的にはパートナー各社は、Origami Payのインフラを活用してOrigami Payと互換性のある独自のコード決済サービスを導入できるようになる。つまり、すかいらーくPayや吉野家Payなどのサービス構築が可能になる。すでに9月26日からは各地域の信用金庫の口座と紐付けて残高管理やOrigami Payによるコード決済が可能になるアプリ「しんきんバンキングアプリ」のAndroid版をリリースしている。また、本日9月27日からは広く一般にOrigami Networkへの加盟を呼びかける。

またOrigamiでは消費税が10%になることを受けて、10月1日から独自還元の3%、国が還元する最大5%を合わせて最大8%の還元を対応店舗で実施する。