コード決済のOrigami Payが融資・投資・保険の事業展開へ、Origami Financial Services設立

次の記事

マネーフォワードがOrigami Payのアライアンス加盟、ただしマネフォMEの対応はなし

コード決済サービスを運営しているOrigamiは9月27日、自社イベント「Origami Conference 2019」を開催し、融資や投資、保険などの金融サービスを取り扱う関連会社としてOrigami Financial Servicesを9月9日に設立したことを発表した。代表取締役社長にはヤフーで金融関連事業を担当後、ヤフー子会社のワイジェイFXで取締役を務めていた正木美雪氏が就任する。

Origami Financial Servicesで代表取締役社長を務める正木美雪氏

具体的なサービス開始は、必要な行政機関への登録後となるが、順次開始・拡大していくという。現在決まっているのは、11月にサービスを開始するOrigami Walletと、サービス開始未定ながらOrigami Walletにチャージした資金を街中で使いやすくするためのOrigami Card(詳細は未定とのことだがおそらくプリペイドカード)、後払いを可能にするOrigami Creditサービスも開始予定だ。さらに保険事業としてOrigai Insuranceも開始し、あいおいニッセイ同和損保、第一生命と連携するとのこと。

競合では、すでにLINE Payが独自の信用スコア「LINEスコア」などの情報を基にした少額融資サービスや各種保険サービス、100円から投資可能な「LINE証券」を始めている、メルペイも「メルペイあと払い」という少額融資サービスを4月から開始し、2020年初頭にはメルペイあと払いの分割払いも可能にする。競合からは少し遅れたがOrigami Payもコード決済を基軸にして各種金融サービスに事業を展開していく。

【2019.09.27 22:30修正】Origami Cardの種別の予想について修正しました。Origami Walletにチャージした残高を街中で利用するカードのため、プリペイドカードの可能性が高いと思われます。お詫びして訂正いたします。読者からご指摘いただきました。ありがとうございます。