米国で折り畳みスマートフォンGalaxy Foldの販売開始

次の記事

米司法省が民間の遺伝データを捜査に使用する際の指針案を発表

一部の忠実なファンにとっては朗報だ。Samsung(サムスン)の折り畳みスマートフォン「Galaxy Fold」は、あらゆる意味でエキサイティングで、他社との差別化に役立つ大胆な軽率さともいえる。多くの人はGalaxy Noteを笑っていたが、大画面スマートフォンは大きな勢力となっている。

5カ月の延期の後、Galaxy Foldは米国時間9月月27日に発売された。初期段階ではさまざまな理由で複数のレビュアーから問題が報告された。そして昨日報じたように、修正版の端末でも一部で問題が発生している。

現行バージョンでもGalaxy Foldは壊れやすい。「軽いタッチでの操作」を指示する動画が公開され、多くの注意書きが端末パッケージに含まれている。今後その成り行きをお伝えする予定だが、2000ドル(約22万円)を支払おうと考える人は、それを考慮しておく必要がある。

しかし、これは貴重な卵の工芸品ではなくスマートフォンだ。今回の発売では、ユーザーが大規模なベータ段階に取り組んでいるという感覚が依然として残る。折り畳みデバイスの今後がGalaxy Foldによって左右されると考えるのは馬鹿げているが、間違いなく最近で最も注目されている製品の発売となるだろう。

また、Galaxy Foldと同日にGalaxy Watch Active 2も発売された。実際に試用しているが、これまでのところ製品に問題はない。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter