電子たばこ

電子たばこ関連の死者数増加、米CDCが「非公式の」THC入手ルートに対して警告

次の記事

アップルがSonosを買収するなら今がそのとき

電子たばこに関連した急性肺疾患でこれまでに少なくとも12人が死亡した。原因となった化学物質やブランドは特定されていないが、患者の多くが「非公式のルート」、すなわち路上またはオンラインでTHC(大麻に含まれる有害成分)カートリッジを購入したと答えており、当局は注意を呼びかけている。

イリノイ州保健局の主任疫学者であるJennifer Layden(ジェニファー・レイデン)博士は9月27日、電話で記者団に対し「大多数の患者が路上で友人や売人から製品を手に入れていた」と述べた。

入手経路も災いして、患者が使用したブランド、カートリッジ、デバイスの種類が非常に多くなっている。「患者86人を調査したところ、87のブランドと234の電子たばこや蒸気を吸う製品が確認された」とレイデン氏は説明する。患者の4分の3以上がTHC製品の使用を認めた。ニコチンカートリッジのみを使用したと答えた患者はわずか16%だった。

最も一般的なブランドは、調査対象患者の3分の2が使用したと答えた「Dank Vapes」(ダンク・ベイプス)だ。このブランドの製品はまだ検査を受けていないが、現時点では安全のため避けるに越したことはない。調査によると、Juul(ジュール)のような人気ブランドでさえカートリッジ内の物質が気化する際に生成される化学物質を正確に把握していない。NBC Newsが委託した調査では、ブランド品ではないカートリッジの多くに農薬が含まれており、加熱するとシアン化水素を生成する可能性があることがわかった。

「疾患の原因はいまだに究明されていない」と米CDC(疾病予防管理センター)の主席副局長であるAnne Schuchat(アン・シュチャト)博士は強調した。「例えば、溶媒や異物が肺を損傷するのか、症例が単一または複数のサプライヤーに起因するのか。電子たばこや蒸気を発する液体に含まれたり加えられたるする化学物質や、流通している製品の種類が多いため、研究室での分析が複雑になっている可能性があるが、分析は続けている」

CDC、FDA(米食品医薬品局)、また州や市が、電子たばこ製品を完全に禁止したり販売を制限したりするなどの措置を講じている。ただ以前から多くの自治体で販売は違法だったため、見つからないよう例えばオンラインで販売されていた。喫煙の場所は当然、自宅のほか個人で楽しめる環境がほとんどだ。

もちろん電子たばこ製品を禁止すれば新たな懸念が生じる。喫煙者が伝統的なたばこに戻るリスクだ。たばこは明らかに非常に有害であることが知られている。確かにたばこに戻ってしまうのは望ましくない。それでも電子たばこに使用される物質がすぐに深刻な害をもたらすなら、電子たばこは全く使用すべきではない。従来のたばこを禁煙する目的であってもだ。ニコチンガムやパッチのような実証済みの(不便かもしれないが)禁煙方法が今まで通り利用できる。

さまざまな医療当局が肺疾患の大発生の原因を調査している。現在800人以上に影響を及ぼしている。当局は非常に慎重に原因の特定にあたっており、調査の進展に伴い新しい数字と関連情報を定期的に公表している。

画像クレジット: Brianna Soukup/Portland Press Herald / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)