幻の2画面PC「Courier」再び?10月2日深夜のSurfaceイベントでマイクロソフトが発表するモノ

次の記事

Rocket Labがロケット打ち上げ直前に異例のペイロード変更

ハードウェアの季節になり、Microsoft(マイクロソフト)の番がやってきた。同社は米国時間10月2日の午前(日本時間10月2日深夜)に、米国ニューヨークにてSurfaceの大イベントを開催する。昨年を含めいつものイベントのとおりであれば、数多くの新製品がビッグアップルで披露されるはずだ。

昨年のこの時期、マイクロソフトはSurface Pro、Surface Laptop、Surface Studioという新モデルを発表し、さらにオーバーイヤーヘッドホンをラインアップに加えた。今年もすでにいろいろなリーク情報がビッグな「サプライズ」を指し示している。

Surface ProとLaptopはいずれも改定されると言われている。Surface Pro 7のアップデートはIntel  (インテル)プロセッサーの変更や2019年の大流行、USB-Cポートなどおそらくイベントで最も地味なものになるだろう。一方Surface Laptop 3は、13インチと15インチの2モデルになり、新たにAMDプロセッサーが導入される可能性がある。

まったくの新しい話として、マイクロソフトはARM for Windows 10をSurface製品のプラットフォームとして、ついに採用すると思われる。噂によれば、ARMベースの2 in 1マシンがイベントで発表されるらしい。特徴は小型化とバッテリー持続時間の長さで、どちらもポータブル機器にとって重要だ。

そしてショウ最大の呼びモノは、待望のたデュアルスクリーンSurfaceだ。幻の「Courier」(クーリエ)から10年、マイクロソフトは新たなフォームファクターをラインアップに加えるかもしれない。では、カスタムメイドのWindows 10(名前はWindows 10Xと少々ややこしい)を搭載し、今年中の発売の可能性も指摘されている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook