Disrupt SF 2019
TechchCrunch

TechCrunch Disrupt SF 2019開幕、ライブ中継あり

次の記事

WebexとZoomのビデオ会議に侵入できる欠陥が発見されていた

今年もTechCrunch Disruptの季節がやってきた。起業家、投資家、メディア、テクノロジー信奉者が何千人もDisruptに参加するためにサンフランシスコのモスコーニセンター・ノースに集結中だ。

初日のメインスステージはBlue OriginのCEOであるBob Smith(ボブ・スミス)氏とのファイアサイド・チャットで幕を開けた。これにBattery VenturesのNeeraj Agrawal(ニーラジ・アグラワル)氏、 HarnessのJyoti Bansal(ジョティ・バンサル)氏、HelloSignの Whitney Bouck(ホイットニー・ブック)氏らによる10億ドル級のSaaSスタートアップを作るにはどうすればいいかというパネルが続いた。

そのほか、Dennis Croweley(デニス・クロウリー)氏、Aaron Levie(アーロン・レヴィ)氏、Jennifer Tejada(ジェニファー・テハダ)氏、YouTubeのNeal Mohan(ニール・モーハン)氏などが講演し、 著名人では俳優、起業家のジョゼフ・ゴードン=レビット氏が登壇した。ウィル・スミス氏と台湾出身の監督、アン・リー氏も映画の当たららしいかたちについて話をする。

スタートアップの真剣勝負であるDisrupt Battlefieldでは特に選ばれた20社がメインステージでそれぞれ新たなプロダクトを発表する。著名な専門家によるパネルが審査し、最優秀グループにはDisrupt杯と賞金10万ドルが贈られて栄誉を称える。

素晴らしい1日を世界中の誰もが共有できるようにTechchCrunchではライブ中継を行っている。

開催概要はこちら。ぜひ楽しんでほしい。

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook