ディスプレイ拡張のDuetがAndroidタブをサポート

次の記事

マイクロソフトがARMベースのSurface Pro Xを発表

Sidecarは素晴らしい。ここ数年でApple(アップル)が導入するソフトウェアの中でもお気に入りだ。しかし、この機能がmacOS Catalinaへ搭載されることは、競合製品を開発していたアプリ開発者にとって破壊的なニュースでもあった。我々は以前、Duet DisplayとAstropadにそれぞれの製品への影響について尋ねていた。

Duetの創設者でCEOのRahul Dewan(ラーフル・デワン)氏は当時、「今夏にいくつかの大きな製品をリリースするが、我々は多様であるべきだ」と語っていた。そして、Androidタブレットとの互換性はかなり優先順位が高かったようだ。数カ月間のベータテストを経て、米国時間10月2日、その機能のリリースが発表された。

「我々のユーザは頻繁に、Androidへの対応を要求しており、また今年からは新しいプラットフォームへと製品を拡張できるように、DuetのAndroidへのリリースに取り組んできた」とDuet Displayは伝えている。「我々は何百人ものユーザーを対象に非公開なベータテストを実施し、できるだけ多くのAndroidデバイスで動作する製品を作ろうとしてきた」。

Android版はiPad版と同様に動作し、Androidタブレットをセカンドディスプレイとして使用できる。つまり他のことはおいておいて、はるかに廉価なノートPC用のセカンドスクリーンが入手できるのだ。アプリでは、有線とワイヤレスの両方が利用可能。現行ユーザーは、MacまたはWindowsのデスクトップ版アプリを最新バージョンにアップデートしておく必要がある。

小規模な開発者がSidecarのようにネイティブサポートされた機能に対抗するのは難しいが、Duetが戦いを続けるのはいいことだ。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter