ボルボが同社初の電動SUV XC40のイラストと概要を初披露

次の記事

赤外線カメラのFLIRが、廃業したAria Insightsのドローン技術を買収

Volvo(ボルボ)は、近日発売で同社初の全電動自動車であるXC40 SUVを初披露し、初期のスケッチや仕様の詳細を一部公開した。ポイントは、シンプルなデザインを強調し、ガソリン車にあった一部の機能を捨てたことだ。

例えば、XC40 SUVにはテールパイプ(排気管)がない。伝統的なフロントグリルはガソリン車の冷却に使われていたものなので、それもなくなっている。そして、フランク(フロントトランク)がある。これはTesla「テスラ)の電気自動車に登場したもので、最近は他社も採用しているところがある。

現在ボルボ新型車のスケッチのみ公開しており、デビューは10月16日だ。下の写真を見るとテールパイプがないことがわかる。
Design sketch of Volvo Cars fully electric XC40 SUV 4

Volvo XC40 BEVデザインスケッチ

次の写真でVolvoはフランクを披露している。約30L(リットル)の積載スペースが追加されると同社は説明する。

Design sketch of Volvo Cars fully electric XC40 SUV 2車の前面の詳しいルックス。ボルボのガソリン車に見られた伝統のフロントグリルはなくなっている

「グリルの必要性がなくなったため、前面はすっきりとしたよりモダンなデザインになり、テールパイプを排除したとで後部も同じくシンプルな外観になっている。これは、電気化への探究を続ける当社のアプローチの一環だ」とVolvo Carsのデザイン責任者であるRobin Page(ロビン・ページ)氏が声明で語った。

Design sketch of Volvo Cars fully electric XC40 SUV

ボルボは来たるべき電動SUVの詳細をいくつか付け加えた。外装カラーは8色で、新たに「セージ・グリーン」のメタリックが加わっている。コントラストのあるブラックのルーフが標準装備。19インチと20インチの新しいホイールがオプションとして追加される。

SUVの室内では、バッテリー状態などの必要情報を表示するドライバーインターフェースが変更されている。インテリアデザインはスポーティーなスタイルを採用し、カーペットはリサイクル材料を使っていると同社は言った。ボルボは室内の広さも強調しており、バッテリーパックが床下に収納されていることを理由のひとつに挙げた。

ドアやシート下にも機能的なストレージスペースがあるほか、トンネルコンソールには小さなバングを掛けられる折り畳み式フックや取り外し可能なくずかごがある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook