自律運転車より自律飛行機の方が先に実用化、Googleの自律運転チームの創設者語る

次の記事

WeWorkは全従業員の3分の1にもおよぶ大規模なレイオフ実施へ

十分に高い高度に上ってしまえば、自律運転車を悩ませる歩行者や交通渋滞のような、多くの障害について心配する必要はなくなる。それこそが、Googleの自律運転チームの創業者であり、飛行機スタートアップKitty Hawk(キティ・ホーク)のCEOに転じたSebastian Thrun(セバスチャン・スラン)氏が、米国時間10月3日にTechCrunch Disrupt SFのステージ上で、真の自律性は路上よりも先にまず空中で成功するだろうと口にした理由だ。

「自律運転車を完成させる前に、自律飛行機を成功させることになると私は信じています」とスラン氏はTechCrunchのコロセック記者に対して語った。

 

その理由は?「少しばかり空中を上ると、子どもや、自転車、そして他の車などに衝突しないようにする難しさが全て消えてしまうのです。建物を超え、木を超えて、ヘリコプターのように飛んでいくのです!」とスラン氏は説明したが、個人用ヘリコプターはあまりにも喧しいので、カリフォルニア州ナパのような場所では禁止されていると指摘した。

スラン氏によるこうした表明は、都市がどのように計画され、不動産が購入されるかについて広い影響を及ぼす。自律運転車専用道路車線が必要になるよりも早く、より多くの垂直離陸ヘリパッドが必要になるのかも知れない。カリフォルニア州ビッグサーのように、そこに行くためには曲がりくねった道が1本しかないような森林内にある多くの遠隔地が、突然アクセスしやすくなって、都市やオフィス自律飛行機で通うことのできる富裕層にアピールするかもしれないからだ。

また、このコンセプトは、スタートアップ業界にも広範な影響を与える可能性がある。明らかに、スラン氏自身の会社であるKitty Hawkは、早すぎることのない市場投入による恩恵を受けるだろう。本日Kitty Hawkは、超静音設計のHeavisideを発表した。もし予言が実現した場合には、垂直離陸機に投資しているUberは、Lyftや他の車に焦点を当てている配車プレイヤーたちよりも良い位置を占めることになるだろう。

その垂直上昇機が禁止されないように、そしてより多くの自律飛行を確保されるように、最近Kitty Hawkは、元FAA管理官のMike Huerta(マイク・ウエルタ)氏を顧問として迎え入れた。

そしてスラン氏は、自動車はさまざまな道を経由して移動する必要があるが、空中では「直線的に移動するので、Teslaに比べて1マイルあたりのコストは3分の1くらいになるだろうと考えています」と語った。また、共有されるUberPoolスタイルのフライトなら、エネルギーコストは「1マイルあたり30セント(約32円)」まで下がると彼は予想している。

しかしその一方で、スラン氏は、私を含め人びとに「フライングカー」(Flying Car)という言い方を止めさせたいと考えている。「私は個人的に『フライングカー』という言葉が好きではないのですが、何しろそれはとてもキャッチーです。技術用語としてはeVTOLと呼ばれます。これらは通常は、電気を使って飛行する機体で、垂直に離陸と着陸を行うことができます。このため空港は必要ありません。そして、それらはほぼ普通の飛行機のように飛びます」。その言葉が実際のものになるのか、そして道路が狭くなるまえに空がより混雑するようになるのかを見極めることにしよう。

Kitty Hawk Heaviside starry night

[原文へ]

(翻訳:sako)