運転者用スマホアプリなどを提供する米DrivemodeをHondaグループが完全子会社化

次の記事

NBAのステフィン・カリー選手が教育プラットフォーム「Guild Education」に出資

クルマの運転中にハンズフリーでスマートフォンを使えるアプリなど“コネクテッドドライビング”に関連するサービスの開発・運営を行う、米国カリフォルニア州拠点のスタートアップDrivemode(ドライブモード)をHondaグループの研究開発子会社、本田技術研究所が9月26日付けで完全子会社化したことが明らかになった。

Drivemodeは2014年、カーシェアリングサービスZipcarの役員を務めた現CEOの古賀洋吉氏と、テスラで「Model S」のローンチマネジャーを務めた上田北斗氏がシリコンバレーで共同創業した、モバイルベースのコネクテッドカーサービスを提供する会社だ。2017年3月にはパナソニックなどから650万ドルを調達している。

Drivemodeが提供する「Drivemode」は画面を使わず、ナビゲーションやメール、メッセージ、通話を声でコントロールできるよう設計された運転者のためのアプリとして、150カ国、250万件以上ダウンロードされている。

また、Drivemodeはコンシューマー向けアプリだけでなく、車両のオーナーや管理者向けのサービスや自動車メーカー向けのソリューション開発も行っている。Drivemodeと本田技研工業とは、2015年からの共同研究で、クルマのハンドルに設置した操作用パッドからスマートフォンアプリを使う取り組みを行ってきている。