Googleがスピーカーやスクリーン間で動画や音楽の移動を容易にする機能を発表

次の記事

マイクロソフトのナデラCEOが「コンピューティングの未来はエッジにある」と講演

Google(グーグル)は米国時間10月8日、Google アシスタントとスマートホームデバイス間で、いろいろな部屋を歩き回りながら音楽や動画を簡単に持ち運べる、細かいが気のきいた機能を発表した。

Stream transferでは、Google アシスタントに音楽を別のスピーカーに移動させるように指示したり、 スピーカーグループが適切に設定されていれば、そのスピーカーとテレビへと移動させられる。使い方は「ヘイグーグル、寝室のスピーカーに音楽を移動させてくれ」というだけだ。またボイスコマンドのほかにも、Google HomeのアプリやNest Home Hubのタッチスクリーンも利用できる。

これは、Chromecast対応のスピーカーやディスプレイで再生できる、あらゆるメディアで動作する。

Googleがこのような機能を導入するのに、これほど時間がかかったのは驚きだ。しかし、同社は家庭に十分なデバイスが存在するのを待つ必要があったのかもしれない。「たくさんのユーザーが複数のテレビ、スマートスピーカー、およびスマートディスプレイを所有しているので、部屋から部屋へ移動する際にメディアを簡単にコントロールできるようにしたいと考えていた」と、Googleは発表の中で伝えている。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter