LifeCouple

カップルの絆を強めるアプリ「LifeCouple」

次の記事

低迷が続いていた中国EVメーカーNioの納車台数が9月は回復

米国では年間で約80万組のカップルが離婚している。この状況に「約34秒に1組のカップルが離婚している」と警鐘を鳴らし、カップルが生涯「良好な関係」を維持できるようサポートするアプリが「LifeCouple」だ。10月3日、TechCrunch Disruptで開催されたピッチバトルのStartup Battlefieldにて同アプリのパブリックβ版の提供開始が発表された。現時点では日本のAppStoreでは提供されていない。別れることが互いにとって最善となるカップルもいる。だが、LifeCoupleは無意味で些細な争いや、そこから発展する破局を必要な限り防ぎたいと考えている。

LifeCoupleは、カップルの間に生じている問題を特定し改善するアプリだ。信用、会話、対立、親密度などを短いアンケートを繰り返すことで計測し、改善ができる場合、アラートが飛ぶ。カップルはお互いに、アプリが提供するアクティビティーを行うことで関係を良くしていく。気まずいが話し合いが必要な際に使うアイスブレイクもアプリが提案してくれる。デジタルギフトを贈ることやデートの予定を立てることも可能だ。

近年、マッチングアプリにより多くのカップルが誕生してきた。そしてカップルたちが離れ離れにならないよう開発された、マッチングアプリのようなデジタルソリューションがLifeCoupleだと、同社の創業者Sean Rones氏は言う。「LifeCoupleは心のためのFitbitだ。セラピーと置き換えることはできないが、セラピストたちの役にも立つツールになり得ると考えている」(Rones氏)。

Rones氏は競合としてTalk SpaceやLasting、Relishなどのセラピーやコーチングを提供するサービスの名を挙げたが、LifeCoupleは唯一「カップルの絆の深さを計測しモニターする」と説明。LifeCoupleの正式ローンチは2020年1月を予定。現在は無料で利用できるが、今後は月額制へとシフトする。同社はシードラウンドで約58万ドル(約6200万円)を調達済みだ。