フィンテック

SBIとYahoo!が金融サービスで提携、シングル・サインオンでサービスの相互利用を狙う

次の記事

漫画の自動翻訳、手術支援AI、下膳ロボ、昆虫食など、東大IPC起業支援プログラムが第4回目の支援先を発表

SBIホールディングスとZホールディングスは10月10日、各社のグループ会社同士の複数の業務提携を発表した。Zホールディングスの代表取締役社長兼CEOを務める川邊健太郎氏は提携の狙いについて「インターネットで金融をもっと便利で身近なものにしていく」と語った。

Zホールディングスの代表取締役社長兼CEOを務める川邊健太郎氏

具体的には、SBI傘下のSBI証券とZ傘下のヤフーが証券事業で、SBI傘下のSBIリクイディテイ・マーケットとZ傘下のワイジェイFXがFX事業で、SBI傘下のSBIネット銀行とZ傘下のジャパンネット銀行が銀行事業でそれぞれ提携する。

今後は、Yahoo! JAPANとSBIグループの金融サービスでシングル・サインオンによってシームレスにつなぐことを計画しているという。両社によると、SBIグループの顧客基盤はのべ2500万人、Zホールディングスの各種サービスの月間利用者数は6743万人となっており、これらのユーザーがYahoo!とSBIの金融サービスを相互利用しやすくなるわけだ。

両社の連携によって蓄積されるデータについては、ユーザーの権利、個人情報保護を尊重しつつ、ユーザーの許可を得ることを大前提としての利活用を進めていく。両社はFXや銀行などの事業で競合関係にあるが、FXについてはユーザーの便益を極大化する目的のための提携であり、顧客の取り合いなどの競争にはならないと考えていると語った。銀行事業については、既存の事業については今後も切磋琢磨して競争していくものの、一方が提供してないサービスついては協力体制を進めていくとした。

Zホールディングスは、10月1日に会社分割(吸収分割)により、旧・ヤフーから商号(社名)を変更した持株会社。Zホールディングスの傘下には、金融中間持株会社としてZファイナンスもある。

SBIホールディングスは、もともとはZホールディングスやヤフーと同じソフトバンクグループで金融事業を手がけていた企業。2006年にソフトバンクグループから完全独立を果たしている。SBIの略は、当初はSoftBank Investmentだったが、独立後はStrategic Business Innovatorとなっている。