Galaxy Fold向けのコンシェルジュサービスが米国でスタート

次の記事

ロスアラモス研究所からのスピンオフ、AIベースの地理空間画像分析のDescartes Labsが約22億円を調達

Samsung(サムスン)のGalaxy Foldの発売とともに、Premiere Serviceが発表された。端末の強化と多くの警告ラベルに加えて、問題があった場合に備えて24時間のケアサービスが発表された。

私がテストした限りでは、オリジナルのGalaxy Foldにはなんの問題もなかったが、正式発売された端末ではたった1日で問題が発生した。サムスンはユーザーに慎重に端末を使わせようとしており、また私のケースと同様の問題は特に広まっていないように思える点は、同社にとっていいニュースだ。とはいえ、2000ドル(約22万円、あるいはそれ以上)もする大規模なベータテスト中のスマートフォンには、この手のサービスが必要だと感じられる。

そしてGalaxy Foldが米国で発売されてから2週間後、Premier Serviceが開始された。Sammobileによると、新しいソフトウェアアップデートによりFold Concierge(フォールド・コンシェルジュ)が追加され、電話やビデオチャットによるサポートが利用できる。それだけでなく、149ドル(約1万6000円)のディスプレイ同日交換サービスまで、サービスは多岐にわたる。これは多くの場所で、持ち込みでの交換が可能だ。

これは大手家電メーカーにとって、かなりユニークなオファーだ。個人的には、標準的なフラッグシップスマートフォンの2倍の価格がする、第1世代のデバイスの購入はお勧めできない。しかしもしその気があれば、サムスンはホットラインを提供する。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter