サムスンのGalaxy Watch Active 2はAndroidユーザーに最適なスマートウォッチ

次の記事

韓国の生徒の3分の1が使っている数学と科学の個人指導サービス「Qanda」がアジア進出

Samsung(サムスン)製のスマートウォッチは、実はなかなかよくできているのだが過小評価されている。1人のプレーヤーがほぼ完全に支配しているカテゴリーで、大きな注目を集めるのは難しい。それでも最近の調査結果によると、サムスンは世界市場のシェアで2位の座を維持している。シェアは11.1%で、Apple(アップル)の数字の3分の1よりもちょっと少ないといったあたり。

Galaxy Watchシリーズは、アップルの製品との違いがかなり際立つものとなっている。サムスンのスマートウォッチに流れる哲学は、同社の他のモバイル製品と共通している。つまり、バラエティに豊んだ製品を提供し、新しいことに挑戦するのを恐れないというもの。これは、Apple Watchの毎年の変化の少なさと好対照だ。アップルの場合、1種類のキーとなる製品を提供し、それを少しずつ改善していく方針を採用している。

Galaxy S10が発表された2月のUnpackedイベントでは、簡略化されたGalaxy Watch Activeも登場した。シンプルになり、そして何よりも安価になったシリーズは、TizenベースのOSを搭載するウェアラブル製品のラインアップに組み込まれた。正直に言って200ドル(約2万1600円)という価格は重要だった。比較的最近になって、このカテゴリでシェアを急拡大したFitbitと競える価格帯に、このデバイスをぶつけることになったからだ。

それからわずか6カ月、早くもGalaxy Watch Active 2が登場した。新しいデバイスは、心拍数モニタリング機能の改良(現状ではいまだベータ版のECGセンサーを使ったもの)、LTEモデルや、大型の44mmバージョンの追加などはあるが、それほど大きなアップグレードは受けていない。ありがたいことに、無駄を省いたデザインは維持されている。同社の他の大きくてかさばる製品と比べると歓迎すべき特徴だ。

なぜかはわからないが、サムスンはActiveシリーズでは回転式のメカニカルベゼルを廃止してしまった。このカテゴリの製品の中で、サムスンならではの差別化のポイントとなっていた部分だ。それも、一種のミニマリズムの追求の結果なのかもしれない。私としては、回転式のメカニカルベゼルは、AppleのDitigal Crownも含むスマートウォッチのインターフェイスの中で、はっきり言って最高のものと考えていた。

しかしActive 2では、回転ベゼルの機能を、触覚フィードバック付きでデジタル的に再現している。ウォッチの外周のエッジをスワイプすると、触覚フィードバックによってホイールのクリック感が再現されるようになっている。この使用感は事前に予想していたよりも優れていた。それでも、物理的な回転ベゼルがなくなったのは残念でならない。これについては、サムスンが将来のバージョンで復元してくれることを願っている。

最新版のApple Watchと同様、画面は常時表示に設定することも可能だが、バッテリー寿命への影響が大きい。とはいえ常時表示でなければ、1回の充電で2日間以上も持続する。これは、他に見劣りするようなものではない。Apple Watchよりも優れているが、Fitbitが到達した領域にはまだまだ及ばない。

はっきり言って、どのスマートウォッチメーカーも、2019年中には、1回の充電でもっと長く持続させる方法を探求する必要がある。特に、何らかの睡眠モニター機能を備えたものでは急務となっている。さらに今後は、ECG(心電計)のような機能が一般的なものになる。そうなれば、バッテリー寿命の改善は業界全体として取り組むべき課題となるはずだ。

自分が着ている服などをスマホで撮影した写真を基に、ウォッチフェイスの色をアプリでカスタマイズできるMy Styleは楽しい。しかし、結局は不要なギミックだ。Apple Watchに比べると、まだアプリの種類はかなり限られている。とはいえ、Spotifyがあるのは大きい。オフラインのプレイリストもサポートするようになった。また、YouTubeのような、他の主要なアプリも進化している。

サムスンが、サードパーティ製のアプリに関してアップルに追いつくことを想像するのは難しい。それでも、Apple Watchにはない大きな利点を最初から持っている。それはAndroidとの互換性だ。そして、GoogleのWear OSが、いつまで経ってもつまらないものでしかないのだから、サムスンにはもっと大きなマーケットシェアを獲得する条件が揃っていると言える。

Active Watch 2は、もうちょっと大胆な価格設定を採用すればよかったのにと思う。アップルが、古いバージョンのApple Watchを継続して販売する意味は、例えばSeries 3を200ドル(税別1万9800円)で入手できるということ。また、200ドル(約2万1600円)のFitbit Versa 2もある。今後、ECGのような機能が追加されることを考えれば、280ドル(約3万300円)から、という価格帯も納得できるという人はいるかもしれない。しかし、ほとんどの消費者にとって、それなら元の200ドルのActive Watchの方が買いだ、ということになってしまうだろう。

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)