Beatsはオンイヤー型のSoloヘッドフォンをノイキャン化

次の記事

TC Tokyo 2019のパブリックビューイングが決定、神戸・仙台・札幌でイベント同時開催

Beats(ビーツ)は米国時間の10月15日、オンイヤー型ヘッドフォンSoloシリーズに、定評あるノイズキャンセリング技術を搭載することを発表した。Solo Proは、Solo 3の公式な後継機となるもので、技術的な進化に合わせてブランディングを見直した。

ノイズキャンセリング機能は、2017年に、オーバーイヤー型のStudioシリーズに導入したものと同じ。適応型の技術を採用している。たとえば旅客機内のノイズなど、特定の騒音にチューニングしたものではない。複数のマイクによって環境音を聴取し、自動的に調整する。

私は、Studioシリーズのノイキャン性能には感動すら覚えた。この製品にも同じことが期待できるだろう。Transparency(半透明)ボタンも備え、周囲の音を聞く必要がある場合には、マイクで拾った音をミックスして聞くこともできる。Beatsは、アップルの子会社となっただけあって、内蔵マイクはSiriでの利用に最適化されている。W1やH1というチップを搭載し、新しいオーディオ共有機能も含めてiOS製品との相性も抜群だ。

Beatsによれば、バッテリー寿命は、アクティブノイズキャンセリングまたはTransparencyがオンの場合には最長22時間、それらを使わない場合には最長40時間も持続するという。私も、次にアジアに出かける際には、ぜひテストしたいと考えている。充電端子はLightningポートだ。ちょっとがっかりだが、これもアップル製品なのだ。10分間の充電で最長3時間の再生が可能となる。

発売は10月30日で、価格は300ドル(約3万2600円)だ。

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)