AI inside
デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2019年 日本テクノロジー Fast 50
デロイトトーマツ

2019年のデロイトトーマツFast 50の1位はバンドルカード開発のカンム、売上高に基づく成長率ランキング

次の記事

最新ガジェットを試し購入できるリテール・アズ・ア・サービスのb8ta、TechCrunch Tokyoに登壇決定

デロイトトーマツグループは10月18日、「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2019年 日本テクノロジー Fast 50」の授賞式を開催した。Fast 50は、日本国内のテクノロジー、メディア、通信の各業界の企業を対象にした収益(売上高)に基づく成長率のランキングで、今年で17回目となる。受賞企業は、ステージや規模、上場、非上場などさまざまで過去にFast 50を受賞した企業も対象となる。注意したいのは、あくまでも売上成長率であって売上額ではないため、会社の実際の収益規模とは直結していない。

そして今年の1位に輝いたのは売上高成長率3592.16%を達成したカンム。同社は、本人確認不要で作成でき、スマートフォンアプリからチャージ可能なVisaプリペイドカードが発行できる「バンドルカード」を開発・運営をしている企業。2位は独自開発のAI-OCR「DX-Suite」を開発・提供するAI insideが収益成長率971.56%で、3位はスマーフォンアプリ開発のand factoryが収益成長率682.00%で受賞した。

関連記事
Visaプリペイドカード「バンドルカード」に後払い式「ポチッと」チャージ機能追加
手書き文字認識率99.91%のAI-OCRで紙業務を効率化するAI insideが5.3億円を調達

4位は購買データを分析・可視化して売上予測モデルを構築できるマーケティングツール開発のMacbee Planet、5位はエネルギービジネスを変革するクラウド・AI技術サービスを提供するENECHANGEとなった。

関連記事
エネルギー革命を推進するエネチェンジに昭和シェルや住商らが7億円を出資

以下、6位はスポットコンサルティングサービス提供のビザスク、7位は航空券販売サイト「Skyticket」運営のアドベンチャー、8位は妊婦の情報の記録や共有・収集を助ける「ママびより」などのアプリやサービスを開発・運営するカラダノート、9位は産業用ドローンなどを開発する自律制御システム研究所(ACSL)、10位はクラウド型WAF「攻撃遮断くん」などを開発するサイバーセキュリティクラウドとなった。

関連記事
「知見のデータベース」を目指すスポットコンサルティングサービスのビザスク
子育てをテクノロジーで支援する 「子育Tech」が始動
サイバーセキュリティクラウドがAWS WAFマネージドルールセラーに認定

昨年の1位は、サブスクリプション型の洋服レンタルサービスを展開するエアークローゼットが受賞。同社は昨年、売上高成長率6048%を達成した。以下、2位はスマートフォン向けアプリを開発するワンダープラネット、3位はCXプラットフォームKARTEの開発するプレイド、4位はインフルエンサーマーケティング事業を運営するBitStar、5位は知能ロボットコントローラの開発などを手がけるMUJINが受賞した。