NvidiaのAndroidストリーミングデバイス新型Shield TVがAmazonに一時出現

次の記事

日本がアルテミスプログラムに向け、NASAのLunar Gateway計画に参加

Nvidia(エヌビディア)がShield TVをアップデートするという事実は、すでに米連邦通信委員会(FCC)への提出書類から報じられているが、米国時間10月19日のリーク情報はより詳細を伝えてる。Amazon(アマゾン)に一時ではあるが、新型セットトップストリーミングデバイスのNvidia Shield Proが掲載されたのだ。

Android TV Rumorsが保存したキャプチャによれば、Nvidia Shield Proの価格は199.99ドル(約2万2000円)で、Nvidiaの新しいTegra X1+チップと3GBのメモリー、16GBの内蔵ストレージを搭載し、2基のUSBポートが用意されている。さらに、その発売日は10月28日と記載されていた。

Amazonの流出ページが正しければ(Nvidiaによる公式製品ページのように見えるが)、新しいShield TVのプロセッサーは「前世代より最大25%高速化した」とされ、4K解像度対応ディスプレイでHD解像度動画の品質を向上させるほか、次世代AIアップスケールが提供される。

製品はDolby Vision HDRとDolby Atmosによるサウンド、そして「ほとんどのストリーミングメディアプレーヤーの4K HDRコンテンツ」をサポートする。また、現行モデルと同じくGoogle アシスタントをサポートし、Alexaによるハンズフリーコントロールにも対応する。

ページに掲載されていた製品画像では、ピラミッドのような新しいデザインでたくさんの専用ボタンが用意されたリモコンが確認できる。詳細説明によると、リモコンにはバックライトやTVコントロール用のIR送信機、そして「リモコン紛失防止用のロケーター」が搭載されているという。

Amazonのページには予想される製品の全体像が示されており、また同時に魅力的なアップデートのようだ。すでに製品ページは消去されてしまっているので、今後の追報に注目してほしい。

アップデート:最初のリークに続き、The Vergeによると今度は小売店のNewegg(ニューエッグ)からのリークが登場した。スペックはほぼ同じだがずっと小型で、microSDカードスロットを内蔵しストレージ容量が半分(16GBではなく8GB)になったShield TV(名前にProはつかない)の小売価格は約150ドル(約1万6000円)だ。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter