テスラがソーラー屋根タイルの第3世代を発表

次の記事

Googleが通知スパムを受信箱に放り込むアプリなど複数の実験アプリを公開

Tesla(テスラ)はソーラー屋根タイルの第3世代を発表する。米国時間10月24日午後に正式デビューの予定だ。同社CEOのElon Musk(イーロン・マスク)氏は米国時間10月23日の決算電話会見で、第3世代の違いの詳細について10月24日午後に正式発表すると語った。

テスラは最初のソーラー屋根タイルを2016年に発表し、2017年に予約受付を開始した。今年6月の年次株主総会でマスク氏は、同製品はすでに第3世代に入っており性能を改善した結果、長期的な電気料金の節約と新しい屋根の購入コストを考慮に入れると、安価な非ソーラー屋根タイルと同等になると語った。

その第3世代は当時すでにテスト中だったようで、今回一般消費者向けに販売する準備が整った。この消費者向けソーラー屋根タイルは、まだ大規模に導入されてはいないようで、予約している顧客の中には、設置時期計画がはっきりしない、と不満を募らせる向きもある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook