Apple TVアプリがAmazon Fire TV Stickに搭載へ

次の記事

フォード・マスタングにインスパイアされた電動SUVがついにデビュー

Apple TV+サービスの開始を11月に控えるApple(アップル)は、Apple TVアプリを自社のストリーミングメディアプレイヤーであるApple TVやMac、iOS以外のプラットフォームにも提供しはじめている。Rokuデバイスには今月すでにApple TVアプリが登場した。そして米国時間10月24日、Fire TV StickとFire TV Stick 4Kにもアプリがやってくる。

具体的には、Fire TV Stickの第2世代およびFire TV Stick 4Kの米国、カナダ、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、インドのユーザーに米国時間10月24日から提供される。

Fire TV Basic Editionの世界50カ国以上のユーザーもAmazonアプリストアで新アプリをダウンロードできる。Fire TV Cube(第1、第2世代)、Fire TV(第3世代のペンダントデザイン)、および東芝とInsignia(インシグニア)のFire TV内蔵スマートTV、Nebula(ネブラサウンドバーでも近日中の利用できるようになる。

「Fire TVの第1、第2世代およびFire TV Stickの第1世代では新アプリを利用できない」とAmazonは表明している

このアプリはApple TV+を視聴するために必要だが、できることはそれだけではない。Apple TVアプリはiTunesライブラリへのアクセスが可能で、購入あるいはレンタルした番組や映画を見ることができる。ただし、新しいコンテンツを見るには、まずアップル製デバイスで購入/レンタルしておく必要がある。アップルがAmazonのプラットフォームに自社アプリを載せるまでには何年もの交渉が必要だった。

アップルはストリーミングメディアや関連デバイスへの関心が高まるにつれ、自らのクローズドな戦略に変更が必要であることを認めざるを得なかった。2017年に CEOのTim Cook(ティム・クック)氏は、Prime VideoアプリがApple TVに搭載されることをついに発表した。それ以来両社は互いの製品に対する制限を徐々に緩和していった。

翌年Amazonはアップル製品の在庫を拡大し、Apple TVだけでなくiPad、iPhone、Apple Watch、Beatsヘッドホンなどを扱い始めた。さらにAmazonは同社のFreeTime UnlimitedアプリをiOSでも提供し、一方Apple MusicもEchoスピーカーで利用可能になった。今年3月には、Apple MusicもFire TVに対応した

そしてApple TV+が始まれば、アップルはいっそうAmazonとのライバル関係が激しくなる。AmazonもストリーミングサービスのPrime Videoを運営している。

ただしApple TV+のコンテンツは「Dickinson」「The Morning Show」「See」「For All Mankind」 などまだ数は多くない。これらの番組が視聴者にどう受け入れられるのかまだわからないが、アップルは新しいアップルデバイスを購入した人に1年間無料でApple TV+を提供している。これによって、最初の試みがいくつか失敗したとしても、基盤を築く時間を得られるかもしれない。

Amazonによると「他のデバイス向けのApple TVアプリが公開されたらTwitterで公表する」とのこと。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook