Origami Payでゆうパックの支払いが可能に、2020年2月に全国の郵便局に順次導入へ

次の記事

SlackのバタフィールドCEOがマイクロソフトの「比較広告グラフ」を非難

Origamiは10月25日、日本郵便が運営する全国の郵便局にOrigami Payを導入することを発表した。2020年2月3日より全国65局、5月には約8500局で利用可能になる。

郵便局での支払いイメージ(画像提供:日本郵便)

郵便局では、切手やはがきのほか、手紙やゆうパックなどの商品・サービスの支払いがOrigami Payでキャッシュレスとなる・ただし、公営バス回数券や宝くじなど委託販売している商品は対象外となる。また、切手やハガキの代金についてはOrigami Pay独自の割引は受けられない。

郵便局のデータによると、2019年9月時点の稼働している郵便局は2万3930局(簡易郵便局を含む)。このうちの約3分の1ほどにOrigami Payが導入されることになる。