都内と成田を結ぶNearMeの定額4000円シャトルが品川や目黒、池袋でも利用可能に

次の記事

米アマゾンがプライム会員向けAmazon Fresh使用料を無料に

タクシー相乗りサービス「nearMe.」(ニアミー)を開発・運営しているNearMeは10月30日、同社が運営する成田空港との都内を結ぶ相乗りシャトルの営業エリアを拡大した。従来の新宿区、渋谷区、世田谷区、港区、台東区、墨田区、千代田の9区に加え、江東区、品川区、目黒区、大田区、豊島区、江戸川区の6区が加わる。

トヨタハイエースなどの最大9人乗りの車両を利用して、都内15区と成田空港を3980円の定額で結ぶサービス。オンラインによる事前予約制で、2日前までに予約サイトに申し込む。QRコードを読み込むことで申し込みが完了する。現在、日本語と英語に対応しており、今後5カ国語対応予定とのこと。このシャトルサービスには、同社がnearMe.で培った複数の降車地点を最短ルートで結ぶAIが活用されている。

発着地点は、成田空港の第1、第2、第3ターミナルと、都内15区のホテルや任意の地点となる。旅行者向けスマートシャトルについては、社内にWi-Fiも完備している。同社によると、このシャトルサービスは10月に前月比3倍、大規模スポーツイベント期間は通常の5倍以上の注文があったとのこと。2020年以降の大型イベントに向けて、nearMe.の対象エリアも拡大していく予定とのことだ。

【2019.10.30 12:50追記】NearMeが提供しているのはシャトルバスの相乗りを実現するシステムで、シャトルバスサービスを実際に運営しているのはタクシー・ハイヤー会社となる。