アップルがプライバシーサイトを刷新、技術白書を公開

次の記事

Rocket LabのNZロケット発射施設のバーチャルツアー動画

Apple(アップル)は4年連続で、プライバシーに関するページを更新した。同社は毎年、ウェブサイトのプライバシー項目を更新し(通常は製品発売の約1カ月後)、顧客に最新の機能や技術を説明している。テロリストのiPhoneの内容を知るために連邦捜査官が同社にバックドアの作成を強要していたFBIとの戦い以来、同社はこれまでの秘密主義的なやり方を捨て、セキュリティとプライバシーのポリシーを全面的に公開している。

アップルのプライバシーページは、プライバシーに対する同社のさまざまな取り組みを掲載するように進化し、さらにはユーザーへのヒントやトリック、そして政府からのデータ公開要求の数を記載した、年2回の透明性レポートを掲載している。

今年には初めて、同社はいくつかの最も人気の技術がどのように機能するかを記述した技術白書を公開した。これまで、同社はSafariや写真、位置情報サービス、サインインに関する技術白書をリリースしてきた。昨年同社はヨーロッパのGDPRによる法的要件に応え、「データをダウンロードする」ページを公開し、ユーザーが保存しているすべてのデータを入手できるようにした。

アップルによると、同社のプライバシーページはサイト全体の中で最も訪問者の多いページだという。これまでと同じく、アップデートされたプライバシーページには、iOS 13と、今年リリースされたmacOS Catalinaに関する、Safariの追跡防止や位置認識、連絡先メモの保護といった新しいプライバシーとセキュリティ機能がすべて含まれている。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter