SpaceXがFalcon 9ブースターの4回目の回収、フェアリングも再飛行と回収に成功

次の記事

SpaceX Falcon 9の打ち上げライブビデオ、ブースターは4度目の宇宙飛行へ

 SpaceXのStarlinkのミニ通信衛星衛星の大量打ち上げは計画どおり、60基を軌道に乗せることに成功した。今朝Falcon 9によって打ち上げられた60基は今年5月に打ち上げられた60基に続くものだ。前回までの打ち上げがテストだったのに対して、今回からは宇宙インターネット網を構成するStarlink衛星群の第一陣だ。

打ち上げは米国フロリダ州ケープカナベラルで実施され、Falcon 9の第1段ブースター(補助ロケット)は単なる「再」利用どころかすでに3回打ち上げに用いられており、今回は4回目の宇宙飛行となった。これはSpaceX自身にとっても再利用回数の新記録だ。さらに、大西洋で自立型のスペースポートドローン船(Autonomous spaceport drone ship)である「Of Course I Still Love You」によってブースターが回収された。このブースターロケットについてSpaceXでは「最大10回の宇宙飛行に耐えるよう設計されている」と述べている。

このフライトでは、以前に利用したフェアリング(ロケットの先端部分の部品)が初めて再使用された(もちろん他の宇宙企業も試みていない)。前回のフェアリングの回収は大型のFalcon Heavyによって中東上空をカバーするArabsat-6Aを打ち上げた4月のミッションで実施された。 SpaceXのCEOであるイーロン・マスク氏によれば、フェアリングの回収は1回ごと600万ドル(約6億5400億円)の節約となるという。

SpaceXの当初の計画では、フェアリング、もしくは大気圏外へ向かう途中のStarlink衛星のペイロードを保護するカバーを回収する予定だった。具体的には、大西洋を航行する有人の回収船である「Ms. Tre」と「Ms. Chief」の船上に張り渡されたネットによって回収する計画だったが、海の状況やその他の理由で成功しなかった。

SpaceXは最終的に1万2000基程度の衛星によってStarlinkを構成する計画だ。この衛星コンステレーション(人工衛星の一群)は地球上のあらゆる場所でインターネットへのアクセスを可能にする。衛星群は軌道上を周回しながら次々に中継機能を別の衛星にスイッチしていく。これは地球の自転に同期する少数の大型静止衛星によって通信を行うのとはまったく異なるアプローチだ。赤道上空に静止する衛星によるカバー範囲は衛星の経度によって限定されるほか、高緯度地方では接続が困難になる。

今年、イーロン・マスク氏はStarlinkを利用した最初のツイートを行っている。SpaceXでは今後6回の打ち上げによって米国とカナダのユーザーがStarlinkを利用できるにようにする計画だ。その後24回の打ち上げでサービスは全世界に拡大される。

【Japan編集部追記】打ち上げ、回収のライブビデオを含む記事はこちら

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook

【2019.11.12 14:00修正】文章の一部に誤訳がありました。フェアリングを回収を試みたのはMs. TreとMs. Chiefの2隻の有人回収船です。お詫びして訂正いたします。

【2019.11.12 22:00修正】文章の一部に誤訳がありました。フェアリング自体の回収は成功していません。お詫びして訂正いたします。