エンタープライズ事業を売却したDockerが新たに40億円相当を調達し新CEOを任命

次の記事

Rocket Labの新しいRosie the Robotはロケット製造を大幅にスピードアップさせる

Dockerの多忙な1日の総仕上げとして同社は、以前からの投資家であるBenchmark CapitalとInsight Partnersから3500万ドル(約38億円)を調達したことを発表し、さらに、今年3人目のCEOとして長年同社のプロダクト担当最高責任者(Chief Product Officer、CPO)だったScott Johnston(スコット・ジョンストン)氏の任命を発表した。氏は、5月に退任したSteve Singh(スティーブ・シン)氏を継いだRob Bearden(ロブ・ベアデン)氏に代わり、Dockerの新CEOになる。

関連記事:Steve Singh stepping down as Docker CEO(Steve SinghがDockerのCEOを退任、未訳)

このニュースの直前にはMirantisが、Dockerのエンタープライズ事業を買収したことを発表した。そのことは控えめに言っても奇妙だが、ジョンストン氏によればDockerにはまだデベロッパー支援の部分で機会があるという。コンテナ化のためのエンジンとして定評のあるDockerは、これまで適切なビジネスモデルを見いだせずに苦戦していた。

ジョンストン氏は声明で 「具体的には、クラウドサービスの拡張に資金を投じて、デベロッパーがアプリケーションの構築に用いる技術を手早く発見でき、アプリケーションをチームメイトやコミュニティと容易に共有できるようにしたい。そしてローカルでもクラウドでもKubernetesのどんなエンドポイントでもアプリケーションを円滑に動かせるようにしたい」と語る。

前CEOのベアデン氏は「既存のビジネスモデルを慎重に検討した結果、この方向(エンタープライズ事業の切り離し)を決めた。経営陣と取締役会を全面的に分析して得た結論は、Dockerには互いにまったく異なる2つの事業があるということだ。ひとつは活発なデベロッパー向け事業であり、他は成長中のエンタープライズ事業だ。両者で、プロダクトも財務モデルも大きく異なっている。このような分析結果により、会社をリストラして二つの事業を分離する決定に至った。それが顧客にとっても最良であり、Dockerの業界をリードする技術をさらに繁栄させることができるだろう」と語っている。

Crunchbaseのデータによると、本日の発表の前までに同社は2億7200万ドル(約295億円)あまりを調達している。そして今回はBenchmarkとInsightが3500万ドルのライフラインを投じて、オープンソースのDockerプロジェクトをベースとするビジネスに、再起の機会を与えようとしている。

関連記事:Kubernates利用のクラウドサービス、MirantisDocker Enterpriseを買収

画像クレジット: Ron Miller/TechCrunch

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa