空飛ぶバイク
Jetpack Aviation

空飛ぶバイク開発のJetPack Aviationがプロトタイプ製造へ約2億円調達

次の記事

AtlassianがJira Service Deskの多部門利用に応え、テンプレートとワークフローを専用化

空飛ぶ車は、それはそれでいい。しかしその代わりにバイクがあるというき、なぜ車を使うだろうか。YCが投資しているスタートアップJetPack Aviationは世界初の空飛ぶバイクでその疑問に答えたいと考えている。このバイクはスター・ウォーズファンなら喜ぶ「Speeder」という名称の1人乗りの空飛ぶ乗り物だ。そしていま、JetPackは、シードラウンドで200万ドル(約2億円)を調達した。投資家にはDraper Associates、Skype共同創業者のJaan Tallinn氏、YC、Cathexis Ventures、そのほかエンジェル投資家らが含まれる。この資金はSpeederの初の機能試作品の開発にあてられる。

今年3月にJetPackSpeederの計画を明らかにした。計画では、完全に安定した乗車体験となり、パイロットによる操縦と完全自動操縦のどちらにも対応する。垂直に離着陸でき、トップスピードは時速643キロに達する。ローターシステムの露出はなく、VTOLやヘリコプターよりもオペレーションは安全で簡単になる。同社は5分もかからずに燃料を補給できるとしていて、これは電動車両の充電よりもずいぶん短い。

SpeederはJetPackにとって初の空飛ぶ作品ではない。 CEOで創業者のDavid Mayman(デイビッド・メイマン)氏が率いる同社はすでにジェットパックを作っている。メイマン氏自身が個人向けのジェットパックのデモンストレーションを幾度となく行い、FAA(連邦航空局)の認証も得ている。加えて、米海軍の特殊部隊と短距離の部隊移動用としてのCARADA合意も結んだ。ジェットパックはまた、サイエンス・フィクションのような多くの機能も搭載している。時速160キロのトップスピード、スーツケースサイズという持ち運びのしやすさなどだ。

そうした過去の実績に照らし合わせ、今回調達した200万ドルは「初のフルスケールのプロトタイプのデザインから製造に至るまでをカバーする」と話すメイマン氏を、私は同じような主張をする他の誰よりも信用する。

その理由の一つとして、Speederは他のVTOLデザインよりも短期的に実現可能なことが挙げられる。VTOLはバッテリーベースのフライトシステムよりもタービン推進力に頼っている。メイマン氏に言わせれば、「これは現在のバッテリーエネルギーの密度がほとんどの電動VTOLにとって実用化するにはあまりにも低すぎるから」で、変革が起こるには楽観的に見積もっても5〜10年ほどかかる。それに比べ、Speederはかなり近い将来、救急サービスや軍が素早く荷物を運ぶ(消費者マーケットに移行する前に使用が想定されている)のを実現させることができるはずだ。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)