NASAの有人商用宇宙飛行をiOSとウェブアプリで疑似体験

次の記事

Googleマップが外国の地名を読み上げる翻訳機能を提供

商用の有人宇宙飛行を目指しているNASAが、モバイルアプリとウェブアプリケーションでその簡単なシミュレーションを提供している。来年開催されるその商用飛行には、SpaceX Crew DragonとBoeing Starlinerが使われるが、シミュレーションはその両方を疑似体験できる。

アプリはその飛行の各過程を順に追っていく。それは宇宙船の選択に始まり、ミッションのタイプを決め、乗員を選び、打ち上げ、ドッキングと進む。それぞれの部分に関するある種の教育が目的で、あらゆる細部がリアルなフライトシュミレーターではない。しかし国際宇宙ステーションへのドッキングは自動と手動の両モードがあり、手動はかなり難しくておもしろい。

  1. IMG_0487

  2. IMG_0489

  3. IMG_0485

  4. IMG_0486

  5. IMG_0488

Crew DragonとStarlinerの両方とも、そして打ち上げ用ロケットに関しても、とても詳しい情報がある。あなたがその中から乗員を選ぶ10名の実在する宇宙飛行士については、人物像と履歴の情報がある。アプリをiPhoneで試したが、打ち上げ準備の部分にちょっとバグらしきものがある以外は特に問題ない。その部分では、ブースターや乗員用カプセルなど、宇宙船の打ち上げの各要素が詳しくわかる。

この「Rocket Science: Ride 2 Station」と名付けられたアプリは無料でiOS版をダウンロードできる。iOSデバイス以外は、ウェブアプリケーションを使おう。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa