freshworks

顧客管理ソフトウェアのFreshworksがシリーズHで約160億円を調達

次の記事

Google検索で「quokka」の発音がよりわかりやすく

Freshworksは、CRMからヘルプデスクソフトウェアまで、さまざまなビジネスソフトウェアツールを開発している。同社は11月13日、Sequoia Capital、CapitalG(旧Google Capital)、AccelからシリーズHで1億5000万ドル(約160億円)を調達したことを発表した。バリュエーションは35億ドル(約3800億円)。Crunchbaseによると、同社はこれまで約4億ドル(約440億円)を調達した。

同社は企業向けSaaSプラットフォームを開発し、ユーザーに統合ビジネスツール一式を提供している。CEO兼共同創業者のGirish Mathrubootham(ギリシュ・マスルブサム)氏は、今回調達した資金をプラットフォームの製品化のための研究開発に使う予定だと述べた。

同日、同社の全ツールの基盤となる新しい統合データプラットフォーム「Customer-for-Life Cloud」についても発表した。「企業の顧客管理に必要なすべてを統合することに注力してCustomer-for-Life Cloudを開発した。マーケティング、販売、サポート、顧客の成功など、顧客のライフサイクル全体のあらゆる側面を同じデータモデルに落とし込めば、Freshworksのユーザーが顧客のライフサイクル全体を視野に入れることができる」とマスルブサム氏は説明した。

同氏は、IPOに取り組む心の準備ができていなかったが、現在CFO選定中であり、いつかは公開会社になることを楽しみにしていると述べた。「明確なタイムラインはない。良いタイミングで公開したい。現在は、会社に適切なプロセス、チーム、ビジネスにおける予測可能性を備えるべく準備を進めている」と語った。

またマスルブサム氏は、良い買収対象を探し続け、今回調達した資金を銀行に預けておけば、機会がやって来た時に買収によってプロダクトを補強できると言う。「買収で売り上げを増やしたいのではない。才能と技術を兼ね備えたチームが欲しい。特に技術については、プロダクトを市場に投入する際にジャンプスタートを可能にする技術だ」。過去には小規模企業を買収対象とすることを恐れず、すでに12社を買収した。

2010年に創業したFreshworksには約2500人の従業員がいる。今回の資金調達で確実に増える。世界25万のユーザーのうち、約4万は有料ユーザーだ。ブリヂストンタイヤ、ホンダ、ヒューゴボス、東芝、シスコなどがすでにユーザーとなっている。

画像クレジット:Caiaimage / Agnieszka Olek / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)