Netflixが「ビバリーヒルズ・コップ4」を撮影する

次の記事

ミニジャック接続も可能なAirFly ProはAirPodsのアクセサリに理想的

NetflixはParamount(パラマウント)から「Beverly Hills Cop 4」(ビバリーヒルズ・コップ4)を撮影する権利を獲得した。このニュースを報じたDeadlineによると、同スタジオはテレビ番組を含むいくつかの形態で同シリーズを再開しようとしているという。

プロデューサーのJerry Bruckheimer(ジェリー・ブルックハイマー)とスターのEddie Murphy(エディー・マーフィー)が続編に参加していたにもかかわらず、パラマウントは映画の商業的展望に少しナーバスになっていたのかもしれない。特に「Beverly Hills Cop 3」の公開から25年が経過しており、スタジオ(まもなく統合されるViacomCBSの一部となる)はここ数カ月、ごく最近の「Terminator: Dark Fate」の不振もあり、興行成績が振るわなかったためだ。

さらに、パラマウントとNetflixはすでに協力しており、まずNetflixが「The Cloverfield Paradox」と「Annihilation」の国際的権利を獲得した後、昨年末には両社の間での複数作品の契約が発表された。

一方、マーフィー氏はNetflixの映画「Dolemite Is My Name」での演技で、過去数十年で最も高い評価を受けている。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter