ニュース
Web Summit(企業・イベント)
RISE(イベント)

アジア最大のテック会議Riseが香港デモ受け来年は中止

次の記事

米下院と上院が迷惑電話のロボコール対策法案で合意、早急の制定目指す

香港の政府とデモ隊の間で続いている緊張はテック業界にも影響を及ぼし続けている。アジア最大のテック会議Riseについて、主催者であるアイルランド拠点の企業であるWeb Summitが「『香港で続いている状況』を鑑みて予定していた来年の開催を見送る」と発表した。

Web Summitは、2020年3月に香港で開催予定だった6回目となる年次カンファレンスを2021年3月に延期すると語った。アジア以外でも同様の大規模カンファレンスを主催しているWeb Summitは11月15日、これまでの出席者に電子メールでその旨を伝えた。広報は、電子メールが事実であることをTechCrunchに対し認めた。

「ここ数カ月、香港の状況を注視してきた。我々の最大の懸念は、イベント出席者が快適に過ごせるかどうか、そして安全性やセキュリティだ」と声明文で述べている。「2020年初めまでの状況が見通せないなか、専門家や顧問に相談し、RISEを2021年まで延期することを決めた」。

近年、Riseはアジアで最大のテックカンファレンスに育っていた。スピーカーとしてUberやByju’s、Grab、Gojek、Razor、そしてStripeといった企業のトップ、そして名だたるVCファンド主要パートナーや政府の高官などが登壇していた。

Rise提供の統計によると、今年のカンファレンスには「世界をリードする創業者やFortune 500社のCEO、投資家、メディア、そして将来を約束された100カ国超のスタートアップ」など、1万6000人が参加したとされている。

本日のWeb Summitの発表は、香港最大のミュージックフェスティバルClockenflapが同様の理由でキャンセルされてから数時間後のことだった。このミュージックフェスティバルでは米国のシンガーソングライターHalsey、ラッパー歌手のLil Pump、英国のバンドMumford & Sons、日本のヘビーメタルBabymetalの出演が予定されていた。ここ数週間で、ほかにもいくつかのイベントの延期や中止が決まっている。

この記事執筆にはTechCrunch記者のRita Liao(リタ・リャオ)も協力した。

画像クレジット:Stephen McCarthy / Sportsfile / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)