世界で戦えるAIテックカンパニーを目指す、ヤフーとLINE経営統合の理由

次の記事

HuluがライブTV価格を10ドル引き上げ月額55ドルに変更

Yahoo! Japanの親会社であるZホールディングスとLINEは11月18日、両社の経営統合についての共同記者会見を開催した。登壇者は、Zホールディングス代表取締役社長/最高経営責任者の川邊健太郎氏、LINE代表取締役社長/CEOの出澤 剛氏。川邊氏はLINEのコーポレートカラーのグリーン、出澤氏はYahoo!のコーポレートカラーのレッドのネクタイを締めて登壇した。

今後はZホールディングスとLINEが対等に統合するが、東証一部の上場企業であるZホールディングスが親会社となって、Yahoo! JAPANとLINEが子会社となる。具体的には、経営統合後はソフトバンクとNAVERが50%ずつ出資したJV(65%)と一般株主(35%)がZホールディングスの株主となり、その子会社としてYahoo!とLINEが対等の関係でぶら下がるかたちだ。取締役はZホールディングスが3名、LINEが3名、社外が4名とし、少数株主に配慮したガバナンス体制を敷く。

新生Zホールディングスはソフトバンクの連結子会社となるので、実質的にはLINEがソフトバンクのグループに吸収されることになる。川邊氏と出澤氏が共同CEO(Co-CEO)に就任するが、代表取締役社長が川邊氏が引き続き務める。経営判断については、川邊氏が代表取締役社長としてはリードはするが、経営陣できちんと議論して取り決めていくとした。

経営統合のスケジュールについては、最終的な統合手続きを2019年末〜2020年年始に完了することを目指し、遅くとも2020年10月ごろには統合する予定とのこと。統合の向けての話し合いは2019年の6月ぐらいに本格的な話が進み、両社の親会社とも相談しながら進めたそうだ。ちなみにソフトバンク側では社長の宮内氏との協議は重ねてきたが、ソフトバンクグループ代表取締役会長兼社長の孫氏は、Yahoo!とLINEの経営統合について陣頭指揮と執るといった直接的な関与はしていないとした。

「両社は切磋琢磨する関係で近しい想いを持ちながらライバル関係だったが、今後は経営統合によって最強のOne Teamを目指していく」と両氏。続けて、両社を合わせると2万人の社員がおり、日本、アジアから世界をリードするAIテックカンパニーを目指すとしている。「両社は年1度ほど話す機会があり、これまでも共同で取り組む事業を模索していた」と出澤氏。

また、両社とも現状に対する危機感もあったという。それはグローバルテックジャイアントの存在で、米国ではGoogle、Amazon、Facebok、Appleなどが、中国ではバイドゥやテンセント、アリババなどのプレーヤーがいる。「優秀な人材、資金、データなどは強いところに集約されてしまい、それ以外のプレーヤーとの差が開くばかりとなる」と両氏。「2社が一緒になっても時価総額、営業利益、研究開発費、従業員数を含めても数字上では現在のところ大きく差をあけられている」と続けた。

両社は統合することによって、まずは日本の労働人口、生産性、自然災害などの問題をテクノロジーで解決したいと表明。日本に住む人に最高のユーザー体験を提供して社会課題を解決していくとした。

統合におけるシナジーとしては、利用者基盤、サービス、グループ、人財、年間投資額などを挙げた。利用者基盤として月間利用者数とビジネスクライアント数は、Yahoo!が6743万人と300万社、LINEが8200万人と350万社。またLINEはアジア各地で銀行業を開設するなど進出していることをアピールした。

サービス面については、川邊氏がメッセンジャーサービスとeコマースを例に挙げた。「Yahoo!ではメッセンジャーのサービスがないがLINEにはあり、Yahoo!はeコマースが強いが、LINEはYahoo!ほど事業規模大きくない」と述べ、補完しあえる部分があることを強調。

グループについては、Zホールディングス/Yahoo!はソフトバンク、LINEはNAVERの子会社であり、親会社はAIなどをはじめさまざまなサービスを展開しており、このあたりにシナジー効果があるとした。

人財については両社を合わせると約2万人、年間投資額は両社で合計1000億円以上。AIを基軸に積極的な中長期投資を行い、新たな価値を創り出すとした。そのほか統合後も引き続き、プライバシー保護、サイバーセキュリティについては力を入れていくとした。

質疑応答では、PayPayとLINE Pay、Yahoo!ニュースとLINE NEWSなど競合するサービスについての今後について質問が集中したが、経営統合後に議論・調整していくが、当面は今後も競合しながら事業を進めていくとした。ただし、最終的には最もユーザーに支持されているサービスに絞り込んでいく可能性もあると表明した。

経営統合のトリガーの1つとなったビックプレーヤーの存在について川邊氏は「GAFAの最大の脅威はユーザーに支持されていること」を挙げた。続けて「Yahoo!とLINEが経営統合することで、我々もよりユーザーに支持されるサービス、プロダクトを目指す。そして、オールジャパン体制で協業を呼びかけていく」とした。「ネット企業は強いところにすべてが集まる。気付いたタイミングでは手遅れ」とコメントした。

出澤氏は「LINE単独という思いはあったが、より強くなるための決断としてYahoo!との経営統合を選んだ」とした。なおLINEのトロイカ体制、つまり出澤氏と創業者でチーフ・グローバル・オフィサーのシン・ジュンホ取締役、チーフ・ストラテジー&マーケティング・オフィサーの舛田淳取締役の経営トップによるは意思決定プロセスは、経営統合後もLINE側の事業においては変わらないとのこと。

今回の経営統合によって、両社で重複する事業の統合が当面実施されないとしても、Yahoo!ニュースとLINE NEWSによってニュースポータルサイト、PayPayとLINE Payによってキャッシュレス決済では競合他社を圧倒するユーザー数とシェアになることは間違いない。そして、eコマースなどの国内のC向けサービスについて新生Zホールディングスがトップ企業になることは容易に想像できる。

一方でアジア戦略についてはYahoo!はLINEの力を借りざるを得ない事情がある。Yahoo!は米大手通信会社であるVerizon(ベライゾン)とのライセンス契約により、日本国外でYahoo!ブランドを使った事業を展開できないからだ。アジアでは、香港、台湾、シンガポール、インドなどでVerizonグループのYahoo!が存在しており、特に香港や台湾では大きな勢力となっている。そこで東南アジアで一定数のユーザーを獲得しているLINEと組んで海外展開を狙うものと考えられる。

ビックプレーヤーの寡占状態で参入難易度が非常に高い中国を除くと、アジア各国への参入の余地は十分にあるはずだ。特に東南アジアではソフトバンクが主要株主である配車やデリバリーのサービスを利用できるスーパーアプリを開発・運営しているGrabなどとLINEが連携することも容易になるだろう。

繰り返しになるが、現状ではYahoo!とLINEの重複事業については経営統合後の課題として具体的な言及はなかった。しかし、効率化を図るために重複事業を統合していくのは世の常。スタートアップ企業にしてみれば、優秀な人材が流動化するチャンスになるかもしれない。

【編集部注】TechCrunchはVerizonの事業部門であるVerizon Mediaに所属している。