Googleマップがローカルガイドの「フォロー」機能でSNSに対抗

次の記事

GVA TECHがエンタープライズ向け“自社の法務基準に合った”契約書レビュー「AI-CON Pro」β版をリリース

Googleマップは、地図アプリというよりFacebookなどのソーシャルネットワーク的な新機能のテストを開始する。他のユーザーをフォローする仕組みだ。具体的には「ローカルガイド」をフォローできるようになる。ローカルガイドというのは積極的に店舗などをレビューしてGoogleマップ上で写真や自分の知識をシェアするメンバーのことで、包括的な報酬プログラムの一環として行われている制度だ。

ローカルガイドプログラムは2015年にYelp Elitesに対抗するためにスタートしてもので、積極的にマップに貢献した人たちが地元の流行発信人的ステータスを得ることができる。ローカルガイドは、他のマップユーザーが地元についてもっとよく知ってくれるように詳しいレビューや写真を投稿する。

見返りとして、ガイドはさまざまな特典を手にすることができる。例えば、新機能の早期アクセス、特別な地域ミーティングへの参加、Googleサービスの無料アクセス、割引、クーポンなどだ。

これから一部の地域では、プロフィールページの「フォロー」ボタンをクリックすれば人気のローカルガイドをフォローできるようになる。すると、選んだガイドのお勧めがマップに表示される。モバイルアプリの「おすすめ」セクションには、ローカルガイドによる地域のおすすめ情報を表示するエリアが新たに追加される。

当初パイロットプログラムが実施されるのは、バンコク、デリー、ロンドン、メキシコシティー、ニューヨーク、サンフランシスコ、サンパウロ、および東京。うまくいけば他の地域にも拡大されるだろう。

Googleマップにとってこの機能は、地域の店舗を発見してそれに関するニュースやイベント、セールなどの最新情報をつかむための場所としてFacebookに対抗しようとする最新の試みだ。昨年10月Googleは、店舗を「フォロー」する機能をAndroidアプリで提供し、後にiOS版にも追加された。今年の夏にGoogleは、さまざまな地域ビジネス向けツールを提供し、Googleマップの写真やプロフィールを更新したり短縮URLの作成や顧客への特典提供などをできるようにした。どの機能もFacebookページに対抗するためだ。

しかしこれまでGoogleは、ユーザーが店舗そのものをフォローしてやり取りするための機能を重視し、他のユーザーとの関わる仕組みは提供していなかった。

ただし、ローカルガイドプログラムを店や企業の情報源として使うためには大きな落とし穴がある。情報は一般の人たちのクラウドソーシングで集められたものであり、批評家や専門のレビュアーが書いたものではない。このためローカルガイドのレビューは質にバラツキがある。その一方でGoogleが今もっとも関心を持っているのは、ローカルガイドの定着とレビューの数のようで、レビューの正確さや質ではなさそうだ。

一般にローカルガイドのレビューには批判的な姿勢がなく、単なる簡単な紹介で終わっていることが多い。例えば、レストランのレビューといえば「素晴らしい料理!また食べに来たい!」という類のこと以上は何も言っていないものが多い。ローカルガイドのレビューは他の一般ユーザーのレビューと変わらない(ときにはずっとよくない)こともある。もちろんローカルガイドのレビューがどれも役に立たないというわけではないが、レビューに「ローカルガイド」と書かれていても、レビューの質の高さを表すわけではない。

しかし9つの都市で始まる新しいおすすめ機能では、ローカルガイドの言葉よりも写真が中心だ。Googleマップの「おすすめ」タブを開くと、ガイドからのおすすめがフォトコラージュのように表示され、クリックすればガイドが何を書いているかを見ることができる。GoogleマップアプリでちょっとしたInstagram的感覚を味わえる。

この新機能は、Googleの年次ローカルガイドサミットで 発表された。そこでGoogleは、ローカルガイドコミュニティーが2万4000都市、1億2000万人まで増えたことも共有した。しかしそれはGoogleがユーザー数の伸びを喜んでいることの新たな証であり、必ずしもレビューの質に目を向けたものではなかった。もしローカルガイドが信頼できる詳しくて公正なレビューを提供できれければ、人々は誰もそこに目を向けず、「フォロー」しようとも思わないだろう。

Goolgeはパイロットテスト対象地域でいつ「フォロー」機能が使えるようになるのかは明らかにせず、「もうすぐ」やってくるとだけ言っていた。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook