sonatype

サイバーセキュリティ企業のSonatypeを非公開投資会社Vista Equityが買収

次の記事

Twitterが正式に政治広告を禁止

非公開投資会社のVista Equity Partnersが、サイバーセキュリティに焦点を当てたオープンソースオートメーション企業のSonatype(ソナタイプ)を買収した。

買収の条件は明らかにされていないが、Sonatypeによると、この買収によって同社のNexusプラットフォーム、エンタープライズ対応のリポジトリマネージャ、および6500万件のオープンソースコンポーネントの分析にアクセスできるライブラリの構築が可能になるという。このプラットフォームは、企業がオープンソースコードを追跡し、開発パイプラインのソフトウェアを最新のバグとセキュリティ修正で最新の状態に保つのに役立つ。

Sonatypeによるとこの種の技術は、オープンソースのApacheサーバーが最新の状態に保たれていなかったために、1億5000万件近いデータが盗まれたEquifaxスタイルの攻撃を防ぐのに役立つという。なお、同社の既存の複数投資家は同社株を保有し続けるという。

メリーランド州フルトンに拠点を置くSonatypeは財務状況を公表していないが、過去3年間で年間収益が250%まで成長したと主張している。なお、前回の資金調達は2018年9月の8000万ドル(約87億円)だった。そして、同社は1000社以上の顧客がおり、Fortune 100企業の60%以上も含まれ、大手テック企業や複数の金融機関の企業のコード環境を監視している。

エンタープライズテクノロジー企業にほぼ独占的に投資するVistaは、累積資本投資金額が520億ドル(約5兆6000億円)を超えているという。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter