ジュリアン・アサンジ

スウェーデン当局がWikiLeaks創設者アサンジ被告の暴行容疑捜査を打ち切り

次の記事

スマホ用ジンバルDJI Osmo Mobile3をベイエリアでテスト

スウェーデン当局は、WikiLeaks創設者Julian Assange(ジュリアン・アサンジ)被告に対する性的暴行容疑の捜査を打ち切った。

今日発表した声明文の中で、検察当局は疑いのある行為から10年近くがたち「証拠がかなり弱まった」と述べた。

「被害者は信ぴょう性と信頼性のある証言をしてきたことを強調しておきたい。被害者の証言は首尾一貫しており、広範にわたり、そして詳細なものだった。しかしながら、これ以上捜査を続ける理由がないほどに証拠は弱まった、というのが私の見解だ」とスウェーデン検察の次席検事であるEva-Marie Persson(エヴァ−マリー・パーソン)氏は語った。

スウェーデン検察は2010年8月にさかのぼる性的暴行疑いに関する捜査を再開したことを5月に発表したばかりだった。その前、捜査は2017年に中断されていた。しかしエクアドルがアサンジ被告の政治亡命保護を却下した後にアサンジ被告がロンドンのエクアドル大使館で逮捕されたことを受け、被害者の弁護士からの要請で捜査が再開された。

逮捕後、アサンジ被告には保釈条件に違反した罪で有罪判決が言い渡され、現在いるロンドンのベルマーシュ刑務所に収監された。

アサンジ被告はいま、米国への身柄送還に直面している。米国は早くから身柄引き渡しを要請していた。当初は機密コンピューターへのハッキングの疑いで、その後、諜報活動取締法違反の疑いが追加された。

送還に関するヒアリングは2020年2月に行われる予定となっている。アサンジ被告の弁護士は、アサンジ被告が弁明にもっと時間をかけられるようヒアリングを遅らせるよう要望を出し、英国の裁判所はこれを却下していた。

アサンジ被告が2012年にエクアドル大使館に逃げ込んだのは、スウェーデンへの身柄送還を免れるためだった。WikiLeaks創設者は米国への送還のリスクがあると主張した。しかし7年ほどケンブリッジで籠城して過ごしたのち、アサンジ被告はいま大きな裁判に直面している。

画像クレジット: Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)