広告費詐欺防止サービス提供のCheqが約17億円調達

次の記事

Airbnbの最高執行責任者ジョンソン氏が来年3月退任

アドフラウド(広告費を騙し取る詐欺)防止と安全な環境での広告掲載のサービスを展開しているスタートアップCheqがシリーズBで1600万ドル(約17億円)を調達した。

同社が昨年シリーズAで500万ドル(約5億円)を調達したとき、CEOのGuy Tytunovich(ガイ・ティテゥノビッチ)氏は、広告掲載後の詐欺やその他の問題について語るのではなく、彼が言うところの「広告認証のための第1世代のソリューション」とCheqのアプローチを比較した。そして「Cheqはよりプロアクティブであり、リアルタイムに展開されている広告をブロックできる」と話した。

私が11月20日にティテゥノビッチ氏と話をしたときに彼は「このアプローチはCheqの強みとして残っている」と語った。同時に彼は「返金、リベート、補償」により広告主たちが過去にさかのぼって対策を講じることができるようになっていると話した。なので彼はCheqの精度に以前にも増して注力している。

「単なるキーワードに頼らず、Cheqは1200件もの異なるファクターを調べて、例外を見つけ出したり、詐欺を働く側がどこで悪事を働いているのかを探す」とティテゥノビッチ氏は語った。単なるキーワードというのは、例えば「(バスケットボール選手の)LeBron Jamesが(レブロン・ジェームズ)、昨夜ゲームを決めた」といった、どちらかというと無害な記事に広告を掲載するのは適切でないといった内容を指す。

また「私たちはJavaScriptにおけるあらゆる痕跡を調べる。誤った正誤につながることがないよう極めて慎重に判断している」とも付け加えた。

そしてティテゥノビッチ氏は、広告主が今年230億ドル(約2兆5000億円)もの詐欺被害にあったとするCheqの最近レポートを引き合いに出しながら、この問題に多くの企業が取り組んでいるにもかかわらず詐欺は増え続けていると指摘した。

「日々、賢くなる必要がある。私たちは明らかにアドフラウドという問題を抱えている。洗練されたさまざまなタイプのフラウドだけでなく、時間が経つにつれ組織犯罪的なアドフラウドが増えてきている。詐欺を行う側からすれば素晴らしい手法だが、よく考えると恐ろしいことだ」と彼は語る。

今回の資金調達はシリーズAも主導したBattery VenturesとMizMaa Venturesがリードした。MizMaa Venturesはイスラエルの企業で、投資する前から「かなりサポートしてくれた」とティテゥノビッチ氏は語る。Cheqはまた、コネクテッドTVやコンソールゲーミングのような新エリアにも守備範囲を広げつつある。

究極的には、Cheqが「インターネットの免疫システム」になることをティテゥノビッチ氏は願っている。これはアドフラウドを検知するだけでなく、フェイクニュースやフェイクニュースに広告がいかに関わるかなど、デジタル広告を悩ます全てのものに対するソリューションとなることを意味している。

画像クレジット:Bryce Durbin / TechCrunch

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)