ネットサービス
Resy
American Express(企業)

アメックスがResyのレストラン予約をモバイルアプリで提供

次の記事

Disney+に「途中から視聴する」機能が追加

今年初め、American Express(アメリカン・エキスプレス)は米国ニューヨーク拠点のレストラン予約プラットフォームであるResyの買収を発表した。Resyのソフトウェアは10カ国の4000店余りのレストランをカバーする。そして今週、アメックスはResyのシステムをアメックスのモバイルアプリに統合する次なるステップに移った。新しいレストラン予約機能では、アメックスのグローバルダイニングコレクションや、BookATable、SevenRoomsといった他のパートナーのサービスにResyのレストラン一覧が加わり、アメックスカードを持つ人は世界にあるレストラン1万店の予約ができる。

差し当たっては、このレストラン予約機能はアメックスのプラチナ会員に限定して提供される。しかし将来的には、より多くのカード保持者が利用できるようにする計画だ。こうしたサービス提供は消費者の行動を鑑みてのことだという。カード利用の中で外食は最も支出が多いカテゴリーで、レストラン予約はプラチナコンシェルジュサービスへの依頼が多い。このコンシェルジュサービスでは外食の予約のほかに、旅行の下調べや贈り物の検討などを行っている。


Resyのプラットフォームは、人気のレストランの予約をとるのに活用できるほか、カード保持者にユニークなサービスを提供しようというアメックスの大きな目標にも合致する

レストランオーナー向けの高度なテーブル管理ソリューションのおかげで、買収の前にResyのソフトウェアはOpenTableからマーケットシェアをなんとか奪っていた。このソリューションには、最適化エンジン、ビジネスインテリジェンス機能、そして異なるスケジュール調整戦略を組み合わせる機能などが含まれている。もしアメックスの会員でなくても、このシステムと消費者向けの予約機能は引き続きResyから直接利用できる。

Resyはアメックスのグローバルダイニングプログラムの拡大を目的とした一連の買収における最新の事例となる。Resyのほかにアメックスは日本拠点のレストラン予約サービスであるPocket Conciergeを1月に買収し、またレストランでの支払いをより簡単に済ませられるようにする英国のフィンテックスタートアップのCake Technologiesも買収した。

より広い意味では、こうした買収はアメックスが顧客の生活の中心にくるようにするためのものだ、とResy買収の際にアメックスはコメントしている。それはポイントプログラムと同じくらい重要なものだ。

加えて、アプリ内により多くのデジタルサービスを構築することで、モバイル端末とテックを使いこなすようになっているユーザーに対応するのが狙いだ。「カード会員の84%はアメックスのサービスを利用するのにウェブサイトやアプリを使っていて、アメックスのモバイルアプリの全世界のデイリーアクティブユーザー数は前年比で35%増えている」と話す。

アプリ内での新しいレストラン予約ツールは、対象者を限定して今週提供され、その後2020年までにプラチナカードとセンチュリオン・カード(ブラックカード)会員が利用できるようになる。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)