【ギフトガイド2019】旅行のお供にも最適なガジェットトップ10

次の記事

Alexaは失望を表現するようになる

TechCrunchの年末恒例企画、ギフトガイドにようこそ!2019年も残りわずかとなってきたが、読者はクリスマスプレゼントになにかいいアイディアはないかとお悩みかもしれない。この際だから自分も何かいいものを買いたいと考えているかもしれない。そうしたプロダクトを今年一杯掲載していきたい。

今回は「旅行のお供に好適なガジェット」をまとめてみた。私自身、外国を含めていつも飛び回っているので、他のことはともかくトラベル関係のグッズなら知識も体験も豊富だ。

旅行には辛い部分がある。12時間も機内に缶詰にされたかと思えば、次には時差ボケを克服しなければならない。賢者によれば人生は目的より過程が大切だというのだが、人生の半分を出張で過ごす身になればそうは言っていられない。

旅行に持っていけば便利なガジェットはいくらでもあるが、ここでは旅を快適に、少なくとも耐えやすくするようなガジェットを集めてみた。もちろん以下のリストに挙げた以外にもOmniChargeのような外付けバッテリーやしっかりした車輪つきスーツケースが必須なのはもちろんだ。

Chromebookは駆動時間が長いという点だけでも旅行用に検討してみる価値がある。今月私はPixelbook Goを持って中国に行った。ギフトにはならないからリストアップしなかったがウェットティシューも非常に役に立つ。手を拭くだけでなく、私は手の脂がついたスマートフォンの画面を一日に何度も拭った。

Amazon Kindle Oasis

dscf3053毎年違ったアイテムを選ぶようにしているが、Oasisだけは入れざるを得ない。この電子書籍リーダーは旅行の必需品だ。OasisはE Inkリーダーの最新版で、ディスプレイのリフレッシュレートが速くなり、色調調整もできるようになった。オープンソースのCalibreも素晴らしい電子書籍管理ソフトだ。 私はe-pubなど各種のファイルをCalibreで変換してKindleで読んでいる(日本語にも対応)。

Anker PowerPort Atom

DSCF3791旅行に高品質のバッテリーパックを持って行くことの重要性は誰もが知っていることだろう。しかし充電器について考えたことはあるだろうか。 AnkerのPowerPort Atomは、13インチ以下のMacBook Proとの携行に便利だ。出力は30Wでコンパクト。飛行機の座席の下にある電源プラグは言うまでもなく、電源プラグに差し込んだ際にほかのアダプターの邪魔をしない。私はPixelbookの充電器として使いる。

Apple iPad Pro

3Q5A5611もちろんタブレットの標準的デバイスだ。しかしここにリストアップしたのはそれだけが理由ではない。MacOS CatalinaにSidecar機能が来たため、iPad ProはMacの絶好のセカンドスクリーンになる。外出中もディスプレイを2台を使えるのは作業効率を大きくアップさせる。MacBookを持っていなくてもiPadだけでかなりの作業ができる。

DJI Osmo Pocket

DSCF3479このジンバル付きミニカメラの素晴らしさは言葉にしにくい。単独でも使えるが、スマートフォンでテザリングして大きな画面で撮影すると特に便利だ(デバイスのディスプレイは切手くらいのサイズ)。最近のスマートフォンのカメラは大きく進歩したので、たいていのユーザーは旅行に専用ビデオカメラを持ち出さないだろうと思う。しかしOsmoはデイパックに放り込んでおいて気にならないサイズだ。もちろん撮影された動画は十分優秀だ。

Dreamlight Ease

easevideo白状すると、昔は気後れして機内で睡眠用のアイマスクをしなかった。しかし海外出張が重なるとそんなことは言っていられなくなり、今ではDreamlight Easeが手放せない。これまで使った中ではこれがいちばん快適だ。素材が柔軟なフォームラバーで、メーカーが「3D顔マッピング」と呼ぶテクノロジーで製作されており、顔の凹凸にフィットするため外光の遮断性が優れている。家でもときどき使うことがある。また側面にもパッドがはいっているので機内で窓や機体側面に頭をもたれさせて眠るときも快適だ(Amazon USから日本に発送可能、26ドル)。

LARQ Self Cleaning Water Bottle

Screen Shot 2019 10 30 at 1.36.26 PMペットボトルは環境に悪い。それに最近サンフランシスコ空港ではペットボトル水の販売を禁止している。旅行中の水分補給と廃棄物の減少にはLARQのウォーターボトルがいい。価格は100ドル近いので安くはないが、強力な紫外線LEDライトを使った除菌機能があることを考えれば納得だ(Amazon USから購入可能、85ドル)。

Nintendo Switch Lite/Switch Online

CMB 78833年前にオリジナルのSwitchがリリースされたときからずっと小型軽量版を待望していた。Switch Lightは旅行用に理想的だ。どちらもJoy-Conを失くす心配がない。機内でも一人寂しくホテルに泊まったときでも格好の相手になってくれる。バッテリーのもちはいまいちだが、ホテルなら問題ない。Switch Onlineの料金はとんでもなく安く、 NES(ファミコン)のタイトルが豊富に揃う。

WF-1000XM3

IMG 4496ワイヤレスイヤフォンとしては同価格帯のAirPods Proも優秀な製品だが、まだ自分自身で長時間テストしていなかったのでこちらを選んだ。 それでもソニーのノイズキャンセリングと音響テクノロジーには絶対的に信頼がおける。特にノイズキャンセリングは機内など騒音が続く環境ではなくてはならない機能だ。dr.dreのPowerbeats Proももちろん自信をもって推薦できる製品だ。 最近機内、車内のエンタテインメントシステムにミニジャックで接続するとBluetoothの電波を飛ばしてくれるAirFlyというトランスミッターが出ている(WF 1000XM3はAmazonで2万4714円)。

Timbuk2 Never Check Expandable Backpack

DSCF3052去年の今頃、東京出張でこのバックパックをテストしたが便利なのに驚いた。今でも驚いている。今まで使ったトラベルバックパックのベストだ。小物を分類して収納するのに便利なポケットが多数あり、本体容量は簡単に拡大、縮小できる。タフな素材で防水能力もあり、Timbuk2だけあってデザインもスマートで、スーツケースのお供に理想的だ。機内への持ち込みもできる。

Tripley Compression Packing Cubes

91e3kyx0BZL. SL1500これはハイテクガジェットではないからTechchCrunchでレビューされていない。それでもこの圧縮パッキングキューブは旅行に欠かせない小物だ。私は出張が多くなってパッキングキューブ(しわになりにくい)と圧縮バッグ(省スペース)の双方をいろいろ試してみた。Tripleyの圧縮キューブは双方のメリットを備えたスグレモノと思う。ただしジッパーを噛ませないようご注意(Amazon USで26ドル)。

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook