Alexaは失望を表現するようになる

次の記事

インドの格安スクーターレンタルBounceが約164億円を調達

一般的な判断力の欠如は、常にスマートアシスタントの最大の魅力の1つだった。質の悪いポップソングやひどいオンラインビデオを1万回再生しても、彼らは気にしない。スマートアシスタントはただ助けるだけで判断は自由だ。

しかしAmazon(アマゾン)はAlexa(アレクサ)をよりリアルなものにするため、いくつかの機能に取り組んでいる。これには、スマートアシスタントの声にもっと感情的な響きを持たせること、つまり、さまざまなレベルの興奮と失望を表現する能力が含まれる。

「Alexaの感情」には3段階のレベルがある。下の動画は、大いなる落胆を表現している状態だ。

Amazonによると、新しい共感してくれるアシスタントにユーザーは好感触を持っているという。「初期の顧客からのフィードバックによると、Alexaが感情的を示した場合、その音声への全体的な満足度は30%上昇した」と、同社は投稿で伝えている。

この機能は本日からゲームのスキルを中心に開発者に提供される。ということは、近い将来にはアプリケーションへも展開されるだろう。このような速報ニュースが失望の声となるのかどうかは、何の情報もない。同社はまた、AlexaのスタイルをニュースキャスターやラジオDJに似たものにするため、コンテンツに合わせた配信も開始する。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹Twitter