飯能ムーミン谷でプロジェクションマッピング始まる、キャッシュレス度も再調査してきた

次の記事

クアルコムによってモデム市場から追い出されたとしてインテルがFTC支持を表明

埼玉県飯能市にある宮沢湖を臨むテーマパーク「ムーミンバレーパーク」は11月30日から2020年3月8日までの期間限定で、冬の「ムーミンバレーパーク」イベントを開催する。2019年3月にオープンした同パークは初めての冬を迎えることを受け、「WINTER WONDERLAND in MOOMINVALLEY PARK」と命名した、アートとテクノロジーを融合させた体験型のイベントとなる。ちなみにムーミンバレーパークのオープン前の2018年12月には、同パークに併設されている北欧をイメージした公園のメッツアビレッジで「チームラボ森と湖の光の祭」を開催していた。

関連記事:飯能ムーミン谷を彩るチームラボのテクノロジー

今回のイベントの具体的な内容は、ナイトイルミネーション、おさんぽラリー「りすを探して」、サウンドウォーク「ムーミン谷の冬」の大きく分けて3つのアトラクションがある。ただし、サウンドウォークは1月上旬からのスタートとなる。

ナイトイルミネーション

画像クレジット:ムーミン物語

ナイトイルミネーションのメインは、ムーミンバレーパークのランドマークの1つであるムーミン屋敷を利用した約10分間のプロジェクションマッピングのショーだ。近くに高さ約4mの独特な「ムーミン谷のウィンターツリー」が設置される(下の写真はPixel 4 XLで動画撮影したものキャプチャした)。

  1. スクリーンショット 2019-11-30 14.55.19

  2. スクリーンショット 2019-11-30 14.55.33

  3. スクリーンショット 2019-11-30 14.55.46

  4. スクリーンショット 2019-11-30 14.55.51

  5. スクリーンショット 2019-11-30 14.56.04

  6. スクリーンショット 2019-11-30 14.55.59

  7. スクリーンショット 2019-11-30 14.56.18

  8. スクリーンショット 2019-11-30 14.56.08

  9. スクリーンショット 2019-11-30 14.56.29

iPhone Pro 11とPixel 4 XLで夜景モードを使って撮影すると、Pixel 4 XLのほうが見た目に忠実な印象だったが、いずれもストロボなしでもここまで撮影できるのでいろいろと重宝するだろう。

通常モードでのiPhone 11 Pro(左)とPixel 4(右)

夜景モードでのiPhone 11 Pro(左、オート)とPixel 4(右、オート)

そのほか、パーク奥に進むと現れるムーミンやミイなどがプロジェクションマッピングによって地面に映し出される「あいまいなものの道」や「おさびし山」へと続く坂道にイルミネーションを散りばめた「光る花の道」、山頂(とっていっても低い丘)にある天文台がそびえ立つ岩壁にも物語のワンシーンを表した映像が流れる。

あいまいなものの道(Pixel 4で動画撮影したものをキャプチャ)

光る花の道(Pixel 4で撮影)

さらに。パークのメインステージである「エンマの劇場」を左手に見ながら進む「みんなの足あとの道」では、その名のとおり通行人の足跡が道の残る不思議な体験ができる。

みんなの足あとの道(Pixel 4で撮影)

ナイトイルミネーションは、日没後の17時ごろからの開始となり、閉園は20時。チケットは閉園1時間前の19時までの販売となる。ちなみに、今回のプロジェクションマッピングなどの演出はCALARが担当している。同社は、茨城県北芸術祭2016や六本木アートナイト2017、同2018などにも作品を展示した実績のあるクリエイティブユニットだ。

おさんぽラリー「りすを探して」

画像クレジット:ムーミン物語

日中から楽しめるアトラクションで、ムーミンバレーパークの謎を解きながら散歩を楽しむという内容だ。同パークの入り口にある、はじまりの入り江エリアの「はじまりの店」からスタートして、りすを追いかけて、落とし物を集めながら謎を解いていく。ムーミンバレーパークとメッツアビレッジには、ジップラインやカヌー、参加型シアター、ハンモック、各種ショーなどあるが、基本的には広大な敷地で散策を楽しむ場所。おさんぽラリーは、ファミリーで散策を楽しめる内容となっている。参加費は1人500円で、受付時間は10時〜16時、平均所要時間は1〜2時間。

サウンドウォーク「ムーミン谷の冬」

画像クレジット:ムーミン物語

「ムーミン谷の冬」の物語を体験できるサウンドアトラクションで2020年1月上旬から利用できる。園内で見られるれるさまざまな情景に合わせたサウンドを聞きながらパーク内を散策できる。ムーミン谷の情景とイメージとマッチするかは賛否があるが、ソニーのスマートフォンであるXperiaとオープンイヤーステレオヘッドセット「STH4D」が貸与される。STH4Dは、ソニーが提案するSound ARを体験できるイヤフォンで、耳を塞がずに周囲の音を聞きながら音楽を楽しめるのが特徴だ。サウンドウォークの利用者は首からXperiaをぶら下げて歩くことになるが、そのXperiaの向きや動きに連動してSTH4Dから音声が再生される仕組みだ。

ムーミンバレーパークに入園するにはチケットの購入が必要で、中学生以上は大人料金の1500円、4歳以上で小学生以下は子供料金の1000円。入園チケット付きでジップライン以外のアトラクションが楽しめる1デーパスは大人2800円、子供1800円。ジップラインは大人、子供ともに1回1500円(入園チケットは別途必要)。17時から入園できるナイトチケットは大人1000円、子供500円(アトラクションは利用できない)。

自動車で行く場合は専用駐車場が使える。料金は、平日無料、土日祝日は最大1500円。電車で行く場合は、西武池袋線の飯能駅北口からバスで15分程度だ。なおメッツアビレッジとムーミンバレーパークに向かうバスは、西武バスと国際興業バス、イーグルバスが運行しているが、イーグルバスでは交通系電子マネーが使えず現金決済になるので注意が必要だ。

ムーミンバレーパークのキャッシュレス度

ムーミンバレーパークとメッツアビレッジについては実はオープン日の3月16日に取材して、キャッシュレス度を調べていた。当時のムーミンバレーパーク内では、「Peli & Leikki」(ペリヤ&レイッキ)と呼ばれる子供向けのアーケードゲームエリアのみチケット購入に現金が必要だが、ほかのアトラクションは交通系電子マネーが利用できるほか、売店では各種クレジットカードや電子マネーが使えた。パーク内に設置されている飲料の自動販売機も交通系電子マネーとiDを利用可能だ。

今回は新たにパーク内の売店でOrigami Payが使えるようになっていたので報告したい。Origami Payは基本的にクレジットカードと紐付けて都度決済するコード決済方式で、PayPayやLINE Payなどとは異なり、残高不足や残高が残ってしまうことを心配する必要がないがメリットだ。ムーミンバレーパークでキャッシュレスを極めたいなら、インストールしておくべきだろう。

一方、無料で利用できるとメッツアビレッジでは、3月の取材時と同様にカヌー乗り場でPayPayが使えるほか、売店ではクレジットカードや電子マネーを利用できる。もちろん、ビレッジ内のスターバックスではスターバックカードでの決済が可能だ。残念ながら、埼玉県内有数の食品加工メーカーであるサイボクの直営店は前回と同様に現金決済のみだった。

関連記事:埼玉・飯能にオープンしたムーミンバレーパークのキャッシュレス度