プレゼント
撮影

【ギフトガイド2019】手ごろで便利な撮影アクセサリー10製品

次の記事

米国ブラックフライデーのオンライン売上は過去最高の約8100億円

TechCrunchの年末恒例企画、ギフトガイドにようこそ! 2019年も残りわずかとなったが、読者はクリスマスプレゼントのアイディアを探していたり、この際だから自分も何かいいものを買いたいと考えているかもしれない。我々はトラベル、ビデオ撮影、セキュリティなどのグッズを紹介してきたが、今回は写真撮影に関連するアクセサリをまとめてみた。ほとんどのアイテムは40ドル以下と手頃な価格だ。

関連記事
【ギフトガイド2019】旅行のお供にも最適なガジェットトップ10
【ギフトガイド2019】新進気鋭のビデオクリエイター向けお勧め7製品
【ギフトガイド2019】友人や家族を保護するセキュリティとプライバシー関連8製品

【Japan編集部注】国内で販売されている場合はそのリンクを選んだが、アメリカのサイトに直接注文もできる。

USB-Cハブ

最新のノートパソコンは接続ポートをUSB-Cだけに絞っているものが多い。 USB-Cは多機能、高速で裏表がないなどメリットも大きいが、これだけになってしまうといろいろ不便だ。特にフォトグラファーは困る。このVavaハブ 楽天市場)はフォトグラファーのほとんどあらゆるニーズに答えられるだろう。レガシー・デバイス用のUSBポート、HDMIポート、SDカードリーダーに加えてヘッドフォンジャックもある。写真は60ドルのモデルだが、もっと大型のモデルも小型のモデルもある。必要に応じてEthernetポート、microSDカードリーダーつきが選べる。ひと山いくらでワゴンに載っている安物は避けたほうがいい。大切な情報であれば大切に扱うべきだ。価格は5000円前後。

ハンドストラップ

カメラには必ず首にかけるネックストラップが付属する。しかしいつもこれが最適のストラップとは限らない。ハンドストラップは便利な小道具だ。小型高性能のミラーレスだったらGordyのようなハイエンドのハンドストラップを使うのはいい考えだ。大型レンズを装着したペンタプリズムの一眼だったら 、ほとんどのモデルに適合するPeak DesignのClutchなら安心だ。カメラメーカーはそれぞれ自社製品向けのアクセサリを作っているが、Peak Designの製品には独自の改良を加えたプロダクトがたくさんある。価格は1000円〜4000円。

SDカード/ケース

写真を写す人間にとってSDカードはあり過ぎて困るということはない。カードケースも同様だ。ケースならPelicanは絶対のブランドだ。小さなプラケースに30ドルは高いと思うかもしれないが、クラムシェルの内側にカードがぴたりと収まるフォームラバーのインナーが貼られている。SD自体は現在、32GBがトレンドだ。Sandisk(サンディスク)、Kingston(キングストン)など信頼のおけるメーカーの製品を選ぶことが大切だ。あと、Class 10以上の規格であることを確認すること。これ未満のカードは転送速度が遅く、動画撮影などでは転送が中断することがある。価格は3000円〜4000円。

Adobeフォトプラン1年ぶん

実はこれはちょっと難題だ。LightroomとPhotoshopは素晴らしいソフトで、多数のフォトグラファーがすでに利用している。サブスクリプションをギフトにできたら理想的だが、Adobe(アドビ)にはそのオプションがない。いろいろ調べてみたがついに発見できなかった。読者は何かうまい方法を考えつくだろうか? アドビさん、これを読んでいるなら「ギフト」のオプションを作ってください。価格は1万1760円。

マイクロファイバーティシュ

これも始終使うし、たくさんあっても困らないものの1つだ。フォトグラファーは1日に何度となレンズを清掃しなければならない。ブロワーで空気を吹き付ける派もいれば使い捨てティシュー派もいるがそれぞれ一長一短だ。いずれにせよ、ガラス清掃用のマイクロファイバーは喜ばれるはずだ。カメラのレンズだけでなくスマートフォンやラップトップの画面を拭くにもぴったりだ。多数のプロダクトが売られているが、どれを選んでも品質はあまり変わらない。たいてい10枚入りのパックになっている。価格は1000円前後。

カメラバッグ

waxed messengers 28

何十万円もするレンズを買いながら安物のくたびれたリュックに入れて持ちあるいているフォトグラファーが多いのには驚いてしまう。優秀なカメラバッグは高価な機器を安全に保護するだけでなく、整理も楽で必要なものを即座に取り出せる。言うまでもなく装着感も良い。そうしたバッグは多数販売されている。選択には我々のBag Week記事を参考にしてほしい。私自身はクラシックが好みなら蝋引きキャンバスとレザーのOnaのビンテージバッグ、現代的なのがよければ合成素材のPeak Designの製品が気に入っている。価格は1万〜4万円。

ソフト・シャッターボタン

ソフト・シャッターボタンといのはニッチなプロダクトだが非常に便利だ。プレゼントする相手が富士フイルムのレンジファインダー風デザインのカメラやライカを使っている場合、大いに喜ばれるだろう。しかも安い。上の写真はMatch Technical Boop-O富士フイルムのX-T3に取り付けたところだ。本体価格25ドルで世界に発送してくれる。優れたカメラだが、このソフトシャッターボタンを取り付けるととっさに押しやすくなり、エルゴノミクスが大きく向上する。XT-3のシャッターボタンにはネジ穴があるので簡単に取り付けできる。X100シリーズ、X-Tシリーズも同様だ。ネジ穴のないタイプのカメラ用の接着式も用意されている。価格は25ドル(約2800円)。

ポータブル照明

写真撮影に使う照明といえばカメラに取り付けるフラッシュを思い浮かべる読者がほとんどだろうが、最近のスマート照明アクセサリの進歩はすごい。そのうちの2つほど紹介する。Lume Cubeシリーズ(写真左がLume Cube Air )、Profoto C1、C1+(写真右の2つ)だ。それぞれ用途はやや異なるが、写真を大きく改善してくれるはずだ。専用カメラだけでなくスマートフォンでの撮影にも好適なツールだ。Profotoはその名のとおり、プロやハイアマをターゲットにしており価格は高めだが、スタジオ照明に近いクオリティの照明をポケットに入れて持ち歩ける。小型軽量で価格も手頃なLume Cubeはアクションカムやドローン撮影に向いている。価格は70〜500ドル(約7700〜5万5000円)。

Gnarbox

Gnarbox 2.0 6

これはポータブルなSSDバックアップデバイスで、先月TechCrunchで詳しく紹介した。本格的なプロダクトなので気軽にギフトにはしにくいが、フォトグラファーが家族や恋人など本当に親しい相手ならうってつけだ。クリエイティブな作業に必須であるだけでなく、相手がすでに1台持っていたとしても「あればあるほどよい」デバイスだ。特に撮影したファイルの量が大きくなりがちなビデオグラファーには必須のアイテムだろう。Gnarboxは出先の撮影現場でバックアップとファイル管理が可能だ。バックアップによって信頼性を高めるだけでなく、長時間の撮影が可能になる。最新の2.0はSSD版で以前のHDD版より高速で衝撃にも強い。

【Japan編集部追記】Amazonの輸入品はGnarbox 2.0の1TBが15万円から20万円以上と大きな開きがある。米国のGnarboxサイトの価格は900ドル+送料+税。

ミニ三脚

ミニ三脚はスマートフォンのカジュアルユーザーからデジタル一眼の本格的なフォトグラファーまで、誰にとっても役立つツールだ。サイズ、価格はさまざまだが、私はManfrotto を推薦する。ミニ三脚はPIXIシリーズだが、これ自体バラエティーが大きい。しかしほとんどのユーザーには入門版のPIXI Miniで十分だろう。これがあれば旅先で背面のLED照明を点灯しメインカメラでセルフィーが撮れるので旅の記憶がすばらしく鮮明になる。少し高価になるが、PIXI EVOは三脚を伸ばすことができるので使い方のバリエーションが広がる。価格は2200〜3800円。

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook